So-net無料ブログ作成

OM-2 修理の顛末 [機材]

OM-2は1975年に発売開始となったもの。
格安で入手したOM-2を盆前に修理に出したところ、先週末に仕上がってきた。
プリズム劣化を交換とシャッター調整、露出調整等々の結果、ほぼ使用可能なところまで仕上がってきた。
実際、元々綺麗な状態だったので、傷もなく、各所油切れ程度と思われた。
プリズム自体は、通例の如く、モルト劣化による銀蒸着不良なので、交換するしかない。
OM-10のプリズムとは互換性があるようなので、ジャンク品を載せ替えただけかも・・・。

見事に生き返ったと思われたOM-2も一か所修理忘れ個所があり、再度入院することになった。
クレームをつけた訳ではないが、数万も修理代が掛った割に、動かない部分があり、それを指摘したところ送り返すようにメールの返事があった。

修理業者はネット検索すると結構存在するが、どの程度のお手並みなのか、真面目に対応して貰えるのかは、修理初心者にとって理解しづらい。安過ぎても、心配だし、高過ぎるのも困る。

まあ中の上程度の修理代見積もりのところに出したのだが、う~~ん、対応度は今一つかな???
新品の状態を期待している訳ではないのだが、SSのデータもなければ、露出の正確さに関してもデータが無い。納品書には、調整としか書かれていない。これでは、少し心配になる。
最初に、測定データの計測値を添付するように依頼しておくべきであったと思うが、要請しなかったこちらが間抜けと云えば間抜けである。

中古品(ジャンク)の扱いの難しさを改めて感じた。
修理業者宛に、修理漏れではないかと、不具合部分を指摘したところ、前持ち主が、アロンアルファで固定してたことが判明。業者側も見落としていたので、パーツ変更代は掛かるが、今回は請求しませんとの連絡が入電。申し訳ありません。。。。。何せ、ジャンク品なんで。とは、言えない。

相手がどういう方なのか、メールだけのやり取りなので、判らないし、クレーマーと思われるの嫌なので、丁重に謝辞を述べておいた。かなり割高な修理代金と思ったのだが、気分を悪くするのも嫌なので、なるだけ丁寧なメール内容で応対することに。モルト交換程度なら、自分でやってみようと思うが、内部清掃、調整なんぞは、業者さんに任せるしかないのである。

でも、OM-1のシャッター音と比較すると、明らかに修理に出したOM-2の方が、どういう訳か、音が大きい。
文句言い過ぎですかね??


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 3

s-tsuka

古いものを維持するのにはお金が掛かりますよね^^;
by s-tsuka (2009-09-01 18:17) 

kazu1537

ジャンクのカメラばかりを弄繰り回しておりますが、一台くらいはまともにしてやろうと企んでみたものの、やはりジャンクはジャンクですかね?(苦笑)
by kazu1537 (2009-09-01 18:56) 

中山 均

私が持っているOM-1とOM-2もOM-1のほうがシャッター音は格段に小さいです。
OM-1は落ち着いてやんわりした音ですね。
OM-1はプリズム交換して注油しましたがOM-2はまだなので今から挑戦しますが、OM-1をミラーアップしてバヨネット側からみるとシャッター膜のゴム引きはひどく劣化していました。
巻き上げた状態ではきれいなゴム引き膜(これは先膜?)が現れるので、後膜?が劣化しているようです。
機械式制御と電子式制御の違いかなと思っています。
by 中山 均 (2017-07-28 18:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。