So-net無料ブログ作成

依頼主からのコメント [刃物]

包丁を受け取った長姉より、SMSにてコメント入電。(以下参照)

1通目
有難うございます まだ届きませんが、楽しみにしているところ 包丁が切れるって一番テンションが上がります!

2通目
刃の美しさにうっとりしてしまいました。試し切りの後出刃は和紙でカバーを作り しまいました。本当に有り難うございます。


土日を費やして、砥ぎ上げた4本への感想としては、やや物足りない気もするが、所詮切れ味については、使い込まないと、解らないでしょう。

大体、包丁の切れ味でテンションが上がるって、オカシイでしょ??刃(ブレード)の美しさにうっとりってコメントも、ちょっと変です。まあ、弟(=私)も少し変わり者ですから、姉も少し変わっています。

1本だけ、もの凄く鋭利に仕立ててあるので、その違いを認識してくれると良いのですけど・・・・。切った時の感触自体が違いますので、使ってみると解る筈なんですけど。無暗に鋭利にするのは、包丁の場合は、切れ味が直ぐにヘタってしまうので、意味がありません。(使う度に砥ぐのであれば別ですけど)

自宅や実家の包丁研ぎから、長切れするように砥ぐには、素材(ステン若しくは青紙、白紙)毎、包丁の種類によって、少しづつ研ぎ具合を変える事により、切れ味を長持ちさせる砥ぎ方があることに気付いた次第。本当は、使い方(=使う人の癖=力の入れ具合)も参考にしつつ砥ぐのが一番なんですが。

包丁=毎日使う道具なので、定期的にメンテナンスするのが、一番です。でも、家事全般の仕事で疲れているところに、毎日砥ぎ作業を入れるというのは、大変です。(爪は真っ黒になるし、手が汚れます)

やはり、現実的に素材の良い包丁を長切れするように砥ぐのが、最も台所仕事が捗るのではないでしょうか?良く切れる=素材の細胞を壊さず、旨味を逃さないという料理の大切な要素なのです。しかも、家事全般をこなす女性にとって、切れない包丁で作業をする=肩が凝るという、良くない現象も生み出しかねません。



長切れするのは、重要な事なのであ~~~~~~~る。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。