So-net無料ブログ作成
検索選択

DAHON IMPULSE 2001 [機材]

友人より、ダホンの2001年モデルIMPULSEを格安で譲って貰った。2000年前後に購入したんだけど、全然乗らないから、どう??ってな感じで声掛けして貰ったので、二つ返事でお願いしま~~~~す。

この段階で、大きく誤解していたのだが・・・・・・。

当方は、大のメンテナンス好きなので、ある程度、面倒見甲斐のある自転車を想定していたのだ。そりゃ、14~15年前に購入したものなら、当然、錆錆のボロボロを覚悟し、破格設定を承諾したのだが、現物を見ると、「うっ、眩し過ぎるぜっ。」って位に、ビカビカの状態。。。。。。えっ、これをこの価格で良いの??????

で、もって、自宅にて、せっせと、埃と汚れを除去し、更に綺麗になって、ほぼ新品同様。

いやぁ~~~~~~、台湾製のDAHON、おまけに販売店が、〇〇双輪館という恐れ多いマニアの殿堂(ステッカーが眩し過ぎる)。現在のDAHONは、ほぼ、中国製。(最近、欧州にも工場進出するという記事を見た気がします。)

薄らと錆が浮いている部分は、ピカール(@324円)を使って、磨くと、あ~~~ら不思議のピッカピカ。改造して、遊び倒してやろうかと脳内企画していたのだが、中止。これは、これで、原形のまま、綺麗に使うのが正解。あと5年もこの状態を維持すれば、そこそこ、価値が出るものと推察。。。。。

飾っておくのも何なので、片道5㎞の通勤で使用。信号も、一旦停止も遵守して、普通に来れば約25分。全くのドノーマル状態でも、走りは快調で、そこそこ早い。天気さえ良ければ、混んだ電車通勤するよりも気持ちが良くて、何より運動不足解消になりそう。

面白そうなので、改造用に、ボロのDAHONを一台調達しようかなぁ~~~~~。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。