So-net無料ブログ作成
検索選択

日曜日は [自転車]

壱号機、弐号機、揃って、荒川サイクリングロードに出撃。出発前に、空気圧を上げ、チェーンにオイルを注し、各部のネジの緩みを点検して、8時半頃、出発。荒川河口付近から、サイクリングロードに入り、千住大橋まで走行。

息子の弐号機シートポスト高さ調整行い、約6~7㎜更に高くして、調整終了。弐号機は、最高速、39.2㎞/hでの走行するも、安定。壱号機よりも、弐号機の方が、速い気がする。。。。。。タイヤの太さが、壱号機>弐号機なので、接地抵抗の少なさでは、弐号機が圧倒的に有利。高1の息子に勝てなくなる日も近い。(苦笑)

荒川の土手は、ススキが見頃。お勧めですよ~~~~。


正直、草臥れたので、千住大橋辺りで、サイクリングロードを抜け、一般道を上野方面に向かい、御徒町で、バイクを預けて、ぶらりと散策。アメ横をブラブラしてから、私=タンメンと息子=炒飯大盛りで昼食。かなり旨かった。

バイクを引取り、帰路、浅草橋の革屋で、サドル張替え用の革を購入(=324円)。帰宅後、近所の海苔の特売に行ってから、独りサドルの革張開始。(本日の走行距離約30㎞)

前回の張替え作業で、コツをつかんだので、かなり手早く作業が出来、小一時間で、革張り替え完了。今回の革は、弐号機用にヌバックの薄茶色を採用。セラサンマルコ(selle sanmarco) CONCOR SUPERCORSAをレストア完了。中古サドルは、ヤフオクで4個=1900円で落札。残りは、AVOCET TOURING2、セラサンマルコ CORSAIRE、セライタリア (selle italia) turboの3個ですが、ぼちぼちとレストア予定。

新品で購入すれば、どれも、1万前後の高級サドル(?)ですが、ヤフオクで、ボロボロ、錆錆の中古状態だと、1個400~500円程度で入手可能。汚れを拭き取り、錆を根気よく除去し、革を張り替え、防水スプレーを噴霧し、乾燥させれば、1000円程度のコストで見事復活。一作目を初号機に装着中で、これまでに300㎞程度走行しましたが、実用上、何ら問題なし。今回の30㎞程度の連続走行でも、お尻は痛くなりません。耐久性は、検証中なので、判りませんが、1~2年=2000~5000㎞もてば、御の字。コスト1000円なので、惜し気なく使えるところが、魅力的。ケチ臭いレストア作業ですが、サドルに1万前後を費やすのは、躊躇われます。バイク自体が、格安レストア作品なのに、一点豪華主義でサドルにお金を掛けるなんて、ナンセンスでしょう。今回のCONCOR SUPERCORSA(改)は、息子にプレゼント。(あまり、喜びませんでしたが・・・・渋い外観の弐号機には、似合いそうです。新品買ったら高いんだぞっ!)


サイクリングロードで休憩中に、行き交う自転車を観察していると、9割がたが、今時流行りのカーボンフレーム、残りがアルミ、5分程度が、クロモリフレーム。ほぼ全てのロード乗りが、バッチリキメキメの服装。なんだかなぁ~~~って印象受けましたが、そこは、人それぞれなので、構わずですけど。流行って凄いです。(苦笑)

初号機のBBで、10月通勤中に3回ほど、バギッと異音がしている。今回の走行中にも一度、ガギッと異音&変な感触があった。多分、BBの内部でベアリング破損の予感。先月、クランク外した際に、思い切ってBB交換すれば良かったのだが、もう暫く使えるとケチったのが悔やまれる。予備のBBに交換するかなぁ~~~~。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。