So-net無料ブログ作成
検索選択

手砥ぎの成果 [刃物]

熊本に嫁いでいる姪っ子(=長姉の長女)より、切れない包丁を預かり、ギンギンに砥ぎ直して、返送。宅急便代金を支払わせるのは忍びないので、片道宅急便代と紅茶を足して、返送。

近所でも、砥ぎ屋は幾らでもいるだろうに・・・・・。何回かの宅急便代金で新しい包丁買えるぞ!(苦笑)

素朴な疑問で、長姉に、わざわざ運賃掛けて、送付せずとも、近所の砥ぎ屋に出しても良いんじゃないのとアドバイスしたところ、800円~1000円で砥ぎ屋に出しても、愚弟の砥いだ包丁の方が、長切れするから結局は得なのよとの回答あり。

確かに、砥ぎマシンで本数こなす砥ぎ屋に出すと、直後は切れるが、直ぐに刃が丸くなるので、長切れしないのであろう。手砥ぎで、刃先、刃央、刃元と刃先の研ぎ角度を微妙に変えて、丁寧に刃付し、とっておきの刃の黒幕#10000を使って、仕上ると、通常使用なら、2~3カ月はそこそこ切れるのだ。(包丁を使う際、切るモノによって、刃の使い方が変わる。例=固い根菜を切る場合は、刃元を使う場合が多い、葉物は主に刃央を使用、肉などは、刃央から刃元)

砥ぎ初心者の頃は、刃先から刃元まで、なるべく同じ角度で刃付していましたが、これだと、場所によって刃毀れが多く、長切れしないので、今のスタイルに変化。結果オーライの様です。


厄介なのは、雑な砥ぎ屋や、ド素人が砥いで、刃の角度を滅茶苦茶にされるのが、一番手間が掛かって、面倒。研ぎ癖が付いたら、刃毀れしていない限り、切れ味を賦活させるのは、訳の無い作業なのだ。しかも、減りが少ないので、包丁の寿命も延びる。

我が家のエースの包丁は、完璧に砥いであるので、異常な切れ味。うっかりすると、爪までスパッと落ちてしまう。そのかわり、全く力を入れずとも、切り口が鋭利なまま、組織を破壊せずカットできるのだぁ。しかも、2カ月くらいは、その切れ味を維持。(笑)

長姉と姪っ子という、仕事の判る顧客が出来て、ちょびっと嬉しい限りであ~~~~~る。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。