So-net無料ブログ作成

エビフライ再び [好物]

1年半ほど、生産&販売停止していたエビフライが、茲に来て、引き合いが出始めた。

30数年前に海外での最終生産を手掛けたアイテムであるが、現地人=ワーカーは、エビフライなんぞ食べたこと無い連中なのだ。所得水準も低く、教育も満足には受けていない現地人を指導し、日本市場向けのエビフライを生産指導したのだが、ハッキリ言って、美味しくない。(苦笑)

エビ自体は、鮮度も良く、原料としては、非常に良いのだが、現地でエビフライまで仕立てると、どうにも美味しくない。原因は、副原料の差異だけでなく、ワーカーの資質によるところが大きい。

彼らの食文化の中にエビフライは存在しておらず、美味しいエビフライが理解出来ないのだ。

衣の微妙な工作スキルも無く、言うなれば、見た目がエビフライになっている紛い物。よって、価格ダウン策として、海外生産を大量に行うと、精度のブレが発生し、美味しくないエビフライが流通する事になる。

今回の引き合いに対しては、贅沢にも日本国内工場を起用し、大型のエビを用い、職人を総動員してエビフライの生産を行ってみた。価格は当然高いが、海外品との味の差は歴然。

最終消費者が、たかがエビフライをどれだけその旨さを評価するのか、販売結果が楽しみでアル。

子供の頃、実母に連れて行かれた都市部の洋食レストランで食べた2本付けのエビフライ定食の味は、今でも、覚えている。コーンスープとサラダ、エビフライ2本、ライス、タルタルソース、旨かったなぁ~~~~。

仕事とはいえ、エビフライの注文には、真摯に対応し、オーバースペックの製品を供給している。自己満足の世界ではあるが、ちびっ子達に、エビフライを食べて幸せな気持ちになってくれると、オジサンは、凄く嬉しいのだよ。(笑)

あの時食べたエビフライがまた食べたいなぁ~~~なんて、思い出してくれるちびっ子が居れば満足なのであ~~~~~る。



いよいよキナ臭くなってきたシナ [雑感]

連日の上海株式市場への介入によって、株価は下支えされているが、一方で、いろいろとキナ臭い話が出回り始めた。

シナの各銀行窓口で、元→外貨への換金が極度に制限され始めた模様。(真偽は不明)

シナGDPは、粉飾数字ですら極端に低迷中。

IMFによる株式市場への過度な介入を抑制するように指導発言。

東シナ海での中国海軍による大規模演習実施。

AIIBに関する報道激減。

どうにもこうにも、狂産党による経済政策は、裏目に出るばかりで、強引な株価下支えも、市場の不安を煽るばかりで、売りが売りを呼ぶ展開になり、大きくアク抜きをしなければ、立ち行かなくなる状況。

6月後半からの介入資金総額は、100兆円を軽く超えるだろう。(推測値)
既に、不動産価値は、暴落し、現在、株式市場も暴落中。じりじりと実体経済が明らかになり、それを下支えする為に刷りまくった元の対外貨幣価値も、その内暴落するであろう。1元=約20円の為替換算が、仮に10円となると、極端な元安に振れる訳であるが、輸出産業が活性化するかと云えば、NOである。

シナ国内の諸物価は、急激に高騰し、ワーカーは、これまでの賃金水準では、生活が成り立たなくなり、ストライキ続出。賃上げ闘争である。生産現場に混乱を来す最中、シナでの生産を進んで引き受ける奇特な外資がいるであろうか??しかも、購買力が衰え始めたシナに魅力は感じなくなるだろう。独自開発の技術力も持たず、外資の技術をパクリまくって、市場を混乱させた罪は重い。これまで通りの関係を成立させようとすれば、シナ企業が異常な譲歩を見せない限り、外資は助け船を出さない。
伊〇忠やら、民主党のお声がかりのイ〇ンなどは、狂産党政権が無事であれば、擦り寄るであろうが・・・。流石に高リスクビジネスに博打を打つ民間企業は少ないだろう。


生産の落ち込み→賃金の低迷→生活不安→庶民のストレス増加→凶産党への不満蓄積と云う図式である。一定の知識階級というか小金持ち8000万人は、株で大損しているので、既に余裕が無くなっており、余力のある奴は、安定を求めて、国外脱出を企画中であろう。その他の貧乏人は、汚染された土壌で耕作に戻る事も適わず、ひたすら不満を募らせる。


あくまで、他人事であるが、シナ人大変アル~~~~ぅ。(笑)

暴動??海外との軍事衝突演出??露介も独逸BBAも助けてはくれないだろうから、シナ人は孤立無援になりかねない。南チョンはその頃は、亜米利加様に不毛な土下座外交開始しているであろう。(南チョンに生き残る術は残されていないと思うのだが・・・)



我が国としては、万が一に備え、亜米利加、豪州、アセアンの数か国と、キチンと連携し、シナ暴発に対処できる準備を怠ることなくしつつ、英吉利、亜米利加辺りとつるんで、経済的にシナをジワジワと嬲殺しにすれば良い。その後、シナ人から向こう70年くらい借金取り立てして、隷属化してしまえば面白い。日本人の気質としては、この様な残虐非道は好まないが、戦後70年、戦勝国から受け続けた屈辱と金銭的損失は、計り知れないものなのである。


日本が味わった、戦後70年の苦しみを、シナに倍返しだっ!!(古いっ)



戦争法案としての安保法案ではなく、日本を守るための法案として、ビジョンを掲げられれば、解り易いのだが、他国を経済侵略する為の前提法案とも説明出来ず、与党も大変でア~~~~~ル。(笑)




自転車の保守点検 [自転車]

このところ、毎日乗っている自転車の保守点検に関する考察。

30~40㎞/hの速度が出る自転車のメンテは、非常に重要だと感じる。事故を起こしてからだと遅い。安全に停止、楽な走行、必要とあれば高速走行が可能、公道を走る際に、自動車、自転車、歩行者より視認される事。路面の状態が悪くても、安定した走行が可能な状態。ママチャリなんぞに乗っていると、速度も然程出さないし、出ないので、車両整備不良に起因する大事故なんぞは、頻繁に発生するものではないが、簡単に速度の出るタイプの自転車は、本当に怖い。


以上を想定しつつ、各パーツの稼働が適格かどうか?ハブ、BB、変速機、ブレーキが、キチンと作動するかどうかを、見極め、セッティングが的確な状態か、注油が大丈夫かを点検し、メンテを行うのが基本だと思われる。乗る度に、車両から出る音が、正常かどうか、気を付けて乗ることも重要。
異音が出始めると、必ずその原因個所に問題が発生しているのだ。


初めは、見よう見真似だった点検、清掃、メンテも、だんだんと必要性を理解してくると、メンテのポイントが見えてくる。仕事の進め方と同じであ~~る。(笑)

パーツの選定方法も、使用状況に応じて、必要とされるパーツのグレードや品質も選定出来るようになる気がする。走り易さを追求することと、高額パーツを闇雲に使用する事ではない。安全を追求すると、信頼性の高いパーツを選定する事になる。無暗に、資金投入したとしても、自分の使い方に合ったマシンにはならないし、無駄=使い易いマシンにはならない。

通勤やら、趣味と体力作りの為、比較的ノンビリ乗るなら、80~90年代のクロモリフレームは、お買い得。10速やら11速なんぞは、必要無い。7~9速辺りで十分。

あとは、自転車のフレーム、色、雰囲気に応じたパーツの整合性を盛り込むかどうかは、個人の感性の問題であろう。半年以上、乗り続けるうちに、中古自転車に発生した様々なトラブルを経て、自転車の楽しみ方と接し方が見えてきたように感じるこの頃。


なかなか、考えようによっては、奥が深いので、興味深いものであ~~~~る。

シートポストの金属疲労 [自転車]

日曜日の暑い最中、御徒町の自転車屋巡り実施。
少しだけ、自転車に興味を持ち始めた息子と一緒に、徒歩で、サドルを見て回った。

レストアしたロードレーサーのサドル&シートポストは、購入した時のまま、一度、シートポスト内部に錆が出ていないか、チェックの為に、引き抜き、グリスアップしただけ。

サドルは、以前の持ち主が新車購入した時のまんまで、一部大きく破れが生じているが、構わず使っている。今回、そのサドルを新調しようと、クロモリのロードレーサーに似合うサドル探しをした。

ブランド物の高いモノも良いのだが、バランスを考えると、黒の平凡なサドルに落ち着いた。@1800円也。息子も、派手なサドルよりこっちの方が良いというので、取り敢えずお買い上げ。

帰宅後、早速、取り付けてみようと、シートポストを引き抜き、ヤグラの螺子を緩めると、なんと、ヤグラを締め付けるナット部分に亀裂が・・・・。経年劣化による金属疲労で、ヒビが入っているではないか。(驚)

30年程度そのままで、使われ続けた結果(?)であるが、レストア時に完全に見落としていた箇所。まさか、ナットに亀裂が入っているなどとは・・・・。走行中にナットが割れ、サドルが外れていたら、大事故になりかねない。
土曜日に、荒川サイクリングロードで、24km程度走ったのだが、その時の最高速度44.6㎞/h。
そんな時、サドルが外れ、バランスを失い、転倒→骨折、ヘルメットも被っていないので、大事故になっていたかもと思うと、ゾッとする。今頃、病院のベッドの上か、白い布を被っていてもおかしくない。(怖)そのナットであるが、手に取って、ヒビの具合を見ていたら、ポロっと割れてしまった。。。。

シートポストは、基幹パーツなので、少し値は張るが、日本製の日東(=NITTO)のS65を選択。26.8㎜径の長さ250㎜を@6500円ほどで、amazonで購入。26.8㎜径のシートポストは、最近では特殊規格らしく、種類が少ない。27.2㎜径なら、色々と選択肢の幅も広がるのだが、26.8㎜径のシートポストで、耐久性とデザイン、信頼性の高そうなのは、日東のS65しかない。中古を探せば、価格的にも種類も、色々選択肢があるかもしれないが、金属疲労のことを考えると怖いので、新品を選択。26.8㎜径のシートポスト、予備も買っておくべきなのか??(体力落ちて、乗れなくなるまでは、十分もつだろう。)


レストアしようと思い立ったのは良いが、基幹パーツの金属疲労までは、想定しておらず、茲に来て、エライ散財であ~~~~~~る。まあ、事故って、怪我の治療費を支払うよりかは、マシであるが・・・・。

後日談
S65到着。繊細なデザインではないが、それなりに頑丈そうなシートポスト。26.8mm規格は、シートチューブにキチキチぴったり。ヤグラ部分の固定具合もがっしりしており、微妙な前後及び角度調整も可能。
新しいサドルとの相性も良く、クロモリロードの見た目は、今時とは言えないが、それなりに味があって良好。サドルの固さは若干気になるが、慣れるまで我慢しよう。
MAVICのホイールは、後輪のスポークを予算調達次第、張り替える予定。前輪は、既に使用中。


ロードレーサーメンテ&次期構想(妄想ですけど) [自転車]

昨晩、夕食後に、ロードレーサーのリアディレーラー(変速機)の清掃と、チェーン変更を実施。チェーン変更は、生まれて初めての作業だが、チェーンカッターのみで出来るので、やってみた。

意外と簡単だったが、参考にしたネット情報より、
1.新規チェーンは、保管用の油が付着しているので、除去。
2.古いチェーンをカット
3.リアディレーラー(変速機)の汚れを除去
4.新しいチェーンを長さを合わせて、装着し、カット

以上を汗だくになりつつ、セコセコと実施。

プーリーをベアリング入りのものに変更しようと思ったが、汚れを除去したら、思いの外、スムーズに回転するので、今回はパス。ベアリング入りのシマノ純正プーリー2個で、3500円もするのだ。(驚)

先日、ブレーキをバラして、汚れ除去し、グリスアップしたので、これも気分爽快。

レストア作業は、錆、汚れ落としから始まり、一通り、グリスアップやら、消耗パーツの交換は、完了。
着荷してからおよそ3週間、30年前のクロモリロードレーサーのレストア作業、ここに完結か??仕上がりは、自己満足度75点くらい。

元々、かなり綺麗な状態だったので、レストアと云っても、然程、難しくなかったので助かった。メンテに関して、一通りの知識を学び、実行したが、自転車の製造時期や、パーツのグレード、型番などで、色々とメンテ方法も異なるらしい。次回は、70~80年代の好みのフレームのみ購入し、ぼちぼちと古いデッドパーツを収集し、一台組んでみようかなぁ~~~。今時のハイグレードパーツは、高額なので財布が追い付かないが、7~9速辺りのパーツなら、ヤフオクで安く入手可能だし、今時のデザインよりも、個人的には味があって好きだ。

ど~~せ、乗るのもオッサンなのだから、派手なデザインは似合わないし、レースに出る気もないし、性能だってそこそこで良いのだ。でも、コツコツとレストアするのは、非常~~~~~に楽しい。包丁砥ぐのとちょっと違うけど、でも面白い。これって、単なる貧乏性なんですかね???(笑)


次のレストアしようにも、問題は、置き場所である。これ以上、自転車増やすと、家人からクレーム必至なので、DAHON号を会社保管専用にしてしまうか、さてさて、どうしたものか・・・・・。

先ずは、パーツ収集から始めようっと!

構想=古いパーツをヤフオクで購入→錆、傷除去→バラして汚れ除去→グリスアップして組み直し→保管→1セット分溜まったら→フレーム購入→フレームメンテ→組立。

パーツ収集予算を決め、その範囲内で収集すれば、あとは、暇な時間でパーツ毎にレストアしていけばいいのだ。あまりがサバるものじゃないので、どうにでもなる筈。ニンマリ。2万位でどうかな??

既に、ブレーキもあるし、ディレイラー(既に分解清掃&グリスアップ&ビッカビカに磨き倒した)はRもFも手元にあるし、ペダル(先日、グリスアップ済)だってある。あと不足パーツはそう何点も無い筈。

嵩張って、目立つフレームは、一番最後のお楽しみにしておけば、四方や、更に自転車を組もうなんて、考えてるなどとは疑われない筈であ~~~~~~~る。

ウフフフフ、、、、、、


クックック、、、、、、

ア~~~ハッハッ。(暑さでおかしくなったようです。)





しなしななシナ [雑感]

どうにも、シナ情勢は、不安定度が増したように見えて仕方ない。

これ以上、狂産党が、面子に拘り、国家ぐるみの株価操作を継続すれば、問題の先送りだけでは済まなくなりそう。現状抱える問題が更に増幅し、バブル弾けるどころではなく、バブル爆発になりかねない。

元という紙屑を、国際通貨(=ハードカレンシー)に押し上げようと、画策。どこのシナ馬鹿が、画策したのかは知らないが、あまりにも危険な綱渡りをしてしまった感が強い。国内の不動産バブルをエンジンにして、内需を強化しようとした辺りまでは、成否は兎も角も、自助努力したのは認めるが、如何せんやり過ぎたのだ。

高い経済成長維持に囚われすぎて、高金利での不動産バブルが発生してしまい、その火消策として、無知蒙昧なシナ奴隷に株購入を推奨し、株式バブルが発生し、それも弾けつつある。すんなり弾けさせた方が、回復も速いのだが、愚策にも、株価操作を国ぐるみでやり始めてしまった。

シナ奴隷は、狂産党に騙されたと気付けば、不満の矛先は一挙に狂産党へと向かう。それを扇動させぬよう人権擁護派の弁護士(=所謂知識人連中)を150人ほど拘束し、扇動させぬよう言い含めているらしいが、既に時遅しだろう。

諸外国は、自由経済の原則を無視したシナのやり方を見て、新たな投資を抑制する事になるだろうし、代替地へのリスクヘッジを開始する。よって、シナは新たな資金源を喪失し、より高金利に手を出さなくてはならない。印刷機を総動員して、元を刷れば刷るほど、元の価値は失墜していく羽目になるのだ。国際通貨としての信用も、価値もない、単なる紙切れ同然になりかねない。(手元に5千元程度あるのだが、弱ったものだ)

今や、シナの味方と云うか同輩は、影響力のある国家では、プーチン閣下の露介と根暗BBAの独逸野郎辺りか?露介なんぞは、いつ裏切るか解らないし、金の切れ目が縁の切れ目である。成長率二桁を維持している頃は、飛ぶ鳥も落とす勢いだったが、8%を切り、妙味の無くなったシナには、荒れ果てた国土と、先進国の夢に酔いしれている愚民しか残っていないのである。使いっ走りの南チョンは、ど~~でもよい。生きようが死のうが、勝手にしてくれてよい。

日米が、再度シナを必要とするようになるのは、毒牙が抜け、従順な奴隷化した後であろう。その状態になるまでは、膨れ上がった軍備を使って、危険なチキンレースに出るか、シナ愚民に圧政を強いて、狂産党政権の基盤を維持するかのどちらかか?天安門アゲインか?凶産党大粛清か?


どちらにせよ、シナ人の血が流れるのは間違いないだろう。元を刷り過ぎた為に、発生するスーパーインフレと高金利に悩まされ、自由主義国の派手な一面のみに染まった大衆の長~~い苦労は、これから始まるのだ。プーチン閣下がどう出るか?独逸の根暗BBAが豹変するか?これまた、見物である。


ドラゴンボール風に言えば、オラ、ワクワクすっぞ~~。である。


いやぁ~~~~、生きている内に、ソ連崩壊、中東の狂犬駆除、独逸南北の壁崩壊、シナ凶産党の瓦解が見れるなんて、当にイベント満載でア~~~~~~~~ル。


紀元前から、近代史までを小、中、高校と習うが、今後の日本人として、国際社会と共存するに当たり、明治、大正、昭和、平成の歴史をきちんと日本人が理解するのは、とて~~~も重要な事の様に感ずるこの頃である。卑弥呼の時代をいくら暗記したところで、社会に出てからの規範として、日本人として何を為すべきか、どう諸外国と接するべきか、明治以降の国内外の歴史を把握する方がよっぽど役に立つはずである。

安保法案の行く末だが、戦争法案として成立するものではなく、グローバル化した経済に伴い、嫌々海外で業務遂行しなくてはならない日本人の安全確保を切れ目なく遂行するべきものだと、与党側はきちんと説明しているのに、中狂に懐柔された野党が戦争法案反対としている。戦争や紛争に貴重な経済戦力の自国民の安全を確保するための法案なのに、不可解な状況である。

チャイナぁ~~~~ [雑感]

数か月前から、異変を察知しているシナ事情が、更に悪化した模様。

2カ月ほど前に、損保の担当者から、シナ向け輸出代金への回収リスクが高まっているので、保険料が以上に値上がりしているとの情報提供。

続いて、3月辺りからの異常なシナ株式市場の値上がり。

AIIB参加への執拗な誘い。

銀座や、秋葉原、上野界隈をうろつくシナ人のレベル低下、ど~~~見ても、オノボリサンとか、卑しい感じしかしない。

先月より、シナ株の値下がり著しく、人為的介入買いがあるにも拘らず、値下がり歯止めかからず。

昨日、シナ上場企業約200社の売買停止。

本日、シナ上場企業約1000社の売買停止。

上場株式の売買停止というのは、日本でもない事は無い。たとえば、一日当たりの取引値幅制限を超えた場合、ストップ高とかストップ安で、その銘柄の売買が出来なくなるというケースは無い訳ではない。
但し、もの凄い業績の変化がみられる場合や、悪材料が出た場合に、株取引損を最小化する為に、売りが膨らんだ場合など、異常事態が生じた場合に限られる。

シナ市場では、200社が売買停止、その翌日には1000社。これが、NYや、東京、ロンドンなどの主要市場で発生したらどうなるか????世界的経済パニックが生じて、疑心暗鬼、噂の流布、損を確定しようと売りが殺到する等々、とんでもない状況になるだろう。


だが、シナ市場は平然と行われる。資本主義のルールも、株式と云う概念そのものを覆すような事が平然と行われているのだ。シナ人の理屈は、売るから下がるのであれば、売買止めちまえである。政府系ファンド、銀行系ファンド、証券ファンドを総動員しても、下げが止まらない。当然そこに投入される金は、元。

アホシナ人は、自国通貨の信用力すら、犠牲にしても、株式損失を止めようと躍起になっているのだが、先進国側からすれば、シナの株式市場への信用(そもそもゼロだろそんなもの)及び、元の貨幣価値の信憑性も疑わしくなり、果ては、シナ市場の信用力の低下を招くのである。

完全な負のスパイラルに陥らないように、必死に策を講じているが、水は低き所へ流れるのであって、その逆にはならない。バブル崩壊と云うより、偽装とか、作為的な操作の実態が日乃本に曝け出されつつあるのだ。そうなると、元の価値が無くなり、対外決済をドル決済しなくてはならず、シナの外貨準備高は、どんどん減少。(この株価操作にどれだけ、ドルが消費されたか??)海外ファンド勢が、叩き売りを浴びせ、株価が落ちれば落ちる程、シナの保有するドルが吸い取られていくのだろう。西欧諸国の餌食にしかならない。


馬鹿だなぁ~~~~~、シナ人は。白人なんて、所詮中国人を彼等と同等には見ていないのだよ。成金シナ人の末路は、此処からが厳しいものとなろう。元をドルに対抗する基軸通貨に昇格させようなどと、夢を見るから、こんなことになるのだ。シナ人は、シナ人らしく、真面目に牛馬の如く労働に従事し、夢を見なけりゃよかったのだ。。。。。。


今後、莫大な株式損失を被ったシナ庶民は、不平を更に蓄積させていく。シナ凶産党は、その抑え込みに、常に強いシナを演じ続けなければならない。


おっと、ドアの外で軍靴の音が・・・。


アィヤァ~~~~~、お金ないアルゥ~~~~~。国土は、汚染だらけで、自給率も下がってしまい、米櫃が空アル~~~~~。お腹空いたアル。強いシナなのに、ご飯食べられないってどういうことアルカァ~~???凶産党員は、ズルいアル。ご飯食べさせるアル。武器じゃあ、お腹は膨らまないアルよ。

多分、手遅れの様な気がするが・・・・。日本は、万が一に備え、シナからの難民対策と、シナの傀儡=民主党&共産党あたりに十分注意して貰いたいものだ。

我が国は、日々忙しなく、然程贅沢出来る訳ではないが、対外資産保有に関しては、異常な保有高を持っている。安易なシナ人=凶産党が、目を付けない訳が無い。民主党(岡田屋小僧)やら、共産党にロビー資金を潤沢に回し、シナ陣営にあわよくば取り込もうとも考えないとも限らない。

シナ人と手を組んでも、なにも良い事は無いのでア~~~~~ル。

こんな流れにならないよう、意地を張らず、慎み深く、後世の日本人の為にも、世界と向き合っていって貰いたいものでア~~~~~ル。

MAVIC GL330 [自転車]

またやっちゃったぁ~~~~~~~~。
昨夜も、夕飯後、ヤフオクをダラダラ眺めていると、シマノのハブ(デュラエース)とMAVIC GL330で手組したホイールが出ていた。これ、凄く軽いリム(330g程度)で、デュラのハブで組まれてるし、ヤフオクの写真見る限り、そんなに使い込んでないし、安いし、これ位では落ちないだろうと、競売に参加したのだ。
かなり安い価格を入札し、暫く放っておいたら、「あなたが落札者で~~~す」という知らせが・・・・。

あちゃぁ~~~~~~~、又やってしまったぜぃ。

でも、ハブとリムを別々に購入し、業者に依頼して組むと、最低でも5万程度掛かるところ、ウン千円で落札。なんだかラッキーってことで、手組ホイ-ルゲットだぜ。

恐らく、現行のARAYAの頑丈なものよりも、F/R併せて、1㎏は軽量化可能。古~~~~~いロードも、レストア前は、10.6㎏だったが、恐らく9㎏台に突入。ニヤニヤ。

今朝も、出勤には14分。DAHON号では、16~17分掛かるところが、普通に走行して、14分ってことは、MAVICに換装したら、13分台も夢じゃない。ニヤニヤ、ニヤニヤ。

自宅→会社まで、電車乗り継ぐと、約30~35分。ロードだと、14分。満員電車のストレスも無いし、無礼な乗客によるイライラもな~~~~し。ニヤニヤ、ニヤニヤ、ニヤニヤ。


ウエストがきつくて履けなかった、ズボンも今や少し緩い位で、どれも履ける。=ズボン購入不要=余計な出費無し。不思議なのが、ウエストは細くなったが、体重は変化なし。今のところ、事故さえ起さなければ、悪いことは見当たらないのだ。ニヤニヤ×4回

いい歳したオッサンが、旧車のロードにまたがり、ニヤニヤしていたら、それは、私かも知れません。(爆)




研ぎ依頼 [メンテナンス]

先週、長姉が、自分の包丁が切れなくなったから、砥いで欲しいとの電話あり。着荷してみたら、刃毀れさせている。固いものを無理やり切ろうとしたか、刃を捩じったか??そんなとこだろう。

電話の際に、長姉の料理教室(=同好会?)の生徒さんの包丁の研ぎも頼まれてくれないかと話があり、内心、え~~~~~~っと思ったが、長姉の料理に付き合ってくれている奇特な生徒さん(??)のものなので、今回は引き受けることにした。

同梱包された包丁は、長姉が使っているブランド物と一緒で、大と小の二本。これが、全く切れない。二の腕に刃を押し当ててぎこぎこやっても切れない。(笑)

これで、料理するって、どうやんだろう??と思ったが、依頼者=長姉なので、真面目に砥ぐことにした。粗砥で、丸まった刃先に大まかな角度になるまで、余計な部分を落とし、全体の刃を再生。鋭角にすれば切れるけど、この持ち主の使い方だと、刃毀れさせるであろうから、刃先と手元はやや鈍角にし、刃の中ほどを、そこそこ鋭角に砥いでみた。

後日、長姉に確認してみると、その生徒さん、包丁購入後、市販のシャープナーにて、ギコギコ砥いでいたらしい。シャープナーで、キチンと砥げれば、既に砥石なんぞ、消滅している訳で、刃先を駄目にしてしまうもの以外の何物でもないのだ。シャープナーを使い続けた包丁の刃先修正は、異常に時間が掛かるし、労力が掛かる。良い包丁(=高額)を誂えた方は、シャープナーよりも、中砥を購入すればよいのだ。

但し、砥石で砥ぐと、爪と指先が真っ黒になるし、角度調整が出来るようになるまで、根気がいる。台所のプロたる主婦であれば、そんなのは厭わないだろうが、今時のチャラチャラしたバカ女どもは、ネイルとか言って、爪を塗り、飾りたてて、喜んでおり、砥ぎの汚れが付くことなど、許せないだろう。爪を飾り立てる事より、内面を磨けってぇの。バカ女共めっ!(個人的には嫌いではないが・・・・)敢えて、ブスは、爪を飾り立てる必要な~~~~し。余談であるが、夜の飲み屋で、派手目な女性が、「このネイルって素敵でしょ??」って自慢してくることあるが、こちとらは、「あ~~あ、この見た目だけの馬鹿女、ど~~せ切れない包丁使ってんだろな。どうせババアになんだから、もっと頭の中身を磨けよ。」って、考えつつ、口では、「あ~~~可愛いなぁ~~~。」などとニヤニヤしながら世辞を言っている訳です。(爆)小生の脳内では、切れない包丁を使う女=ズボラな性格=不要という確固たる偏見を持っております。



土曜日の朝七時から砥ぎ始め、砥ぎ完了したのが10時過ぎ。一時間に1本の計算。長姉の包丁は、既に研ぎ癖がついているので、刃毀れの修正さえ出来れば、後は簡単。残り二本が、とても面倒だった。

研ぎ代はとるつもりはないが、長姉の生徒って、確か10人程度いるような話だったので、そいつらが、遠慮なしに包丁を送りつけてこられても・・・・・・。困る。

親兄弟、親戚辺りまでの、包丁なら、頼まれても良いが、全く赤の他人の包丁を切れるようにするのって、あまり気乗りしない。かと言って、手間賃取れるかどうか、そこまで、砥ぎを極めたとも思えない。所詮、素人の趣味の領域なのである。長姉も厄介な依頼を持ち込んできたものであ~~~~~~る。

送料別で、一本2,000円なら、請け負っても良い。(爆)その代り、産毛も切れる程の切れ味にしてやろう。
な~~~~んて、ちょっぴり皮算用してみたが、あんな材質の悪い見てくれだけの包丁の研ぎを背負い込むのは真っ平御免であ~~~~~~~る。

通勤快適 [自転車]

雨の日は、雨具着用で、DAHON号。
それ以外は、ロードで通勤中。

ロードは、本当に快適です。友人と一緒にメンテした回転系の具合が、頗る好調で、ちょっと漕ぐだけで、かなり進みます。運動になってない気もしますが、漕げば漕いだだけ、速度が出てしまうので、危険なので、のんびりロード通勤を満喫中。

DAHON号と同じルートを通り、同じように走っても、片道通常16~17分→15分台で来れちゃいます。全然、ノンビリ走っているつもりでも、平均速度は1~2km速いんでしょうね。

全速疾走してみたい衝動に駆られますが、1カ月程度=200㎞は、不具合が出ないかのテストも兼ねているので、無茶な走行はしません。(しないつもり)

28Cのタイヤを履かせましたが、23c辺りにすれば、もっと早く走れること間違いありません。必死に走るのではなく、格好良く走れるように、頑張りたいものです。(笑)


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。