So-net無料ブログ作成

Grand Velo 再び(弐号機物語その1) [自転車]

グランヴェロを出来るだけ快適に、乗り続けようと、ネットで情報収集。
クロモリフレームの内部に錆が出ると、後々面倒なことになるらしいので、フレーム内部に油を塗布する為の、錆防止スプレーを購入。ついでに、清掃と一部へのグリスアップ。初号機グランヴェロは、少し踏むだけで、40㎞/h超えるので、ノーヘルの私は、あまり速度出さないよう注意して走行中。


先日、ヤフオクに出ていた、かなり古いGrand Veloのフレーム。ヤフオクの写真で確認する限り、そこそこ綺麗な状態だったので、 思い切って入札。15,000円で自動入札したところ、遥か下の方で落札。またも、一台車両が増えてしまいました。(呆)着荷し、検品してみると、表面のいくつかの傷は、塗装面で止まっており、フレームの凹みや、曲りは無し。シートチューブ内に、若干の錆が見られるので、錆止めスプレーを多めに塗布し、錆を浮かせ、ウエスで除去を繰り返し、錆がウエスに付かなくなってから、再度錆止めスプレーを多めに塗布し、乾燥させ、仕上にグリスをチューブ内に薄く塗布。これだけやれば、錆の進行は抑えられる??

変速機とホイールは、デッドストックと中古の予備があるので、それを装着する予定。その他の不足パーツは、今後ぼちぼちと新古品を探し出して、買い集める予定。それらは、既にレストア完了した初号機(=Grand Velo 1000)の予備パーツにもなるので、無駄ではない。(無駄な気もするが)

結局、2号機を完成させるとなると、フレームは安かったけど、なんだかんだ、そこそこのパーツを奢っていくと、7~8万掛かるだろう。仕上がりまで6~7カ月を費やし、完成させる予定。完成した後は、息子に譲ろうかと・・・・。スペシャライズドのアルミフレーム&カーボンフォークのマシンに乗っているが、フレームサイズが、今でこそ、少し小さめなので、息子の誕生日までに、仕上げて、プレゼントするつもり。少しは、借りて走るつもりだが・・・・。


その後、2号機のフレーム内部の錆取、まずまずのところまで完了。毎日、30分づつの作業を地道に続け、フレームは手元に届いた時よりずっと綺麗になりました。細かいなところまで、錆取スプレーを十分に塗布&乾燥させ、仕上に、グリスを薄く塗って完了。ヘッドパーツも一旦バラシて、古いグリスを除去し、ベアリングに新しいグリスをたっぷり注して、組み立て完了。

パーツ集めは、財布と相談しつつ、古いフレームに合ったものを物色中。BBなどは、シマノのBB-UN55を選択。2千円そこそこですが、アルミボディで、使用者の評価を見ると、まずまず。安物ですが、取り敢えずは、これで良しとします。(具合が良ければ、初号機用予備パーツとして、更に購入する予定)

困ったのが、ギアクランク。70~80年代のデザインの新古品は、程度が良いと、値が張ります。かと言って、刃が減り過ぎたものだと、後々、再出費する羽目になるので、根気よく探し出すしかなさそうです。自転車の師匠である友人曰く、自転車好きは、ギアクランクを見るから、選択は早まるなとのアドバイス。2号機も、初号機同様、日々の実用車として用いることが前提なので、あまり高級嗜好に仕上げたくない。(盗難、悪戯されるのは、絶対に嫌)

ブレーキとブレーキレバーは、古いものを磨き上げて、取り付けてやろうと思うが、これといったモノが見つからない。シートポストは、NITTOのスタンダード品の予定。シートは、濡れても大丈夫な初号機と同じ安物。ステムとハンドルも、ありきたりなモノにするつもり。(苦笑)

あれこれ、考えながらだと、パーツ集めには、愉しめる時間が掛かりそうです。



宣言しておきますが、参号機の予定はありません。絶対に!







溶ける上海 [雑感]

天津の爆発事故から、約2週間経過。
上海というか、シナ株式市場が、▲9%、▲6%と溶け始めた。3500を死守(?)する為に、もの凄い資金で買い支えが行われたらしいが、世界のファンドの猛者達(=禿鷹)からすれば、一獲千金の好機、下げが止まらない。余波を受けた、東京市場、NY、ロンドンも大下げしたものの、シナ市場から比べたら、然程の痛みではない。例えば、東京市場の20000円を買い支える為に、政府系ファンドが資金投入もしていないし、市場の流れに任せたままの状態だから、1000~2000円下げたとしても、回復力がある。株価は、企業業績の先行指数なのだ。アホシナより搾取しまくった膨大な資金が、何処に流入するのか???東京株式??円??ドル??いずれにせよ、その資金の大半は、シナ人から搾り取った甘~~~い果実であることは間違いない。(笑)

下げ続けるシナ市場に今後起こり得ることは、
1.企業の信用収縮及び、資金力の無い銀行の破綻
2.資金の流動化が減衰
3.生産力過多であるシナ輸出企業の倒産

これ等が、延々と継続するのであ~~~る。
その後、シナ通貨元のレートが大幅に下がり、価値を失う。この辺りまで、半年から1年程度か??

元の為替レートが、5~10円/元となった場合、シナは、生産する為の輸入原材料の調達が困難を極めるであろう。人件費は、幾らかは下がるであろうが、人民の手取りが減れば、社会の安定基盤にヒビが入りかねない。輸入食料価格は、暴騰し、庶民は、飢える。

庶民の飢餓は、ストレートに狂産党政権への不満となって、デモやら、テロ行為へと発展していくであろう。

こうなったら、シナも大混乱状態。
これまでの様な、横柄な態度をとることは叶わず、内乱状態=カオス状態に突入するのだ。

抗日70年記念の国威高揚などと、シナ土人の目を、現実から背けようとしても、無駄である。

さてさて、どうなることやら、楽しみであ~~~~る。

ママチャリ 後輪交換 [自転車]

4年前、中学入学と同時に購入した息子のママ(?)チャリの後輪リムが、異様に歪んでしまい、どうにも、治らない。スポークテンションを調整してみたが、歪みが酷くなるばかり。止む無く、購入先の自転車屋に持ち込み、リム調整を依頼してみたが、対応にあたったニイチャンが、こりゃ無理ですの一言。

どうしたらいいですか?と尋ねると、後輪交換で1万~1.5万程度ですと、値踏みするような眼つきで応えたので、DO IT MYSELFすることにした。

amazonで、サーボブレーキ付外装6段の後輪単体を取り寄せ=6千円、ネットで変更方法をチェックし、交換。約1時間程度で、交換完了。ハブ軸が少し短いのが、難点であったが、サーボブレーキも付いて、シマノのギア、タイヤ&チューブ付きで、送料込みで6000円って安くないか??(笑)

なんちゃって自転車屋の癖に、後輪交換程度で、1万近くもボッタクリしようなんて、とんでもない。世の中そんなに甘くないのだ。小僧。ネットでは、簡単な修理方法なんぞ、幾らでもアップされており、ド素人だろうが、やる気とパーツと工具さえあれば、小僧に1万近くの手数料を払わなくたって、後輪ぐらい交換できるのだよ。

中華イカサマ自転車を、安売りする程度しか、脳が無いくせに、手数料をボッタクロウなんて、烏滸がましいわ!(怒)

まあ、実際のところは、悪戦苦闘しつつ、サーボブレーキを調整したり、車輪の軸調整に手間取ったり、手間暇は掛かったので、暇なニイチャンに小遣い程度支払って、やらせた方が、手も汚れないし、良いのかもしれないが、あの不遜な接客態度が気に入らないので、DO IT MYSELF!なのだ。

余っていたペダル=0円に交換し、短すぎるシートポスト=700円も交換、ブレーキ調整、グリスアップし、息子のママ(?)チャリも見事に再生したった。

肝心の息子の反応だが、もったいないから、お金掛けなくても良かったのに、いつ盗まれるか判んないよ、駐輪場では、倒されたり、酷い扱い受けるから。でも、有難うだって。


う~~~~~~~ん、微妙。(苦笑)モノを大切にするって事を学んで、欲しいんだけどなぁ~~~~。


チャイナボカ~~~ン [雑感]

夏季休暇中、日本国内では、鹿児島の桜島噴火警報レベル4発令があった程度で、国内は大きなトラブルは無し。桜島周辺の皆様、大変でしょうけど、頑張って下さい!

さて、海外では、天津の大爆発報道があったが、これってそこそこ大事なのだ。
先ずは、天津港の貨物扱い量=2012年度統計世界第3位の大型輸出&輸入港で、大型の生産工場を周辺に抱えている。確か、江沢民が推進した、大々的な国家プロジェクト。

管理ずさんなシアン化合物=500トン??の流出により、当面、天津港の機能不全状態。その他、有毒化合物も大量に流出してしまい、その対応に数カ月は掛かる見通し。日本で云えば、横浜港とか、神戸港で、有害物質の保管倉庫が大爆発し、周囲に避難命令出て、汚染物質の除去をどうするのか、マスゴミが大騒ぎして、引っ掻き回しつつ、港湾機能は完全にマヒし、積み出し出来ない状況。
これは、アホシナと云えども、かなりの大打撃。陸送で、他の積出港に転送を掛けたとしても、負担増により、輸出スピード減。外貨獲得機会損失大。周辺工場の稼働もいつ再開できるかなんて、解らない状態であろう。

特に、シアン化合物流出報道により、外国船籍の貨物船は、天津に行くことを拒むであろうから、中国にとって、大打撃なんてものではない。天津エリアを拠点とする外資工場操業も原料の搬入が滞り、当面は、制約を受ける。

実しやかな噂では、派閥争い真っ只中の習派と江沢民派の抗争の一環であるとも噂が出回り始めている。=国内分裂闘争の始まりか?だいたい、北京と目の鼻の先にある国家プロジェクトの最新鋭の港湾で、このような大事故がこのタイミングで起きるなんて・・・・・。誰でも勘ぐりたくなる話である。

習キンペーが企んだAIIBもとん挫しつつあり、元の主要通貨入りも見合わせ、シナGDP改竄発覚、株価暴落、シナ政権闘争開催中となかなか、シナも大変である。

虫けらの如く扱われ、苛々しているシナ人を眺めているのは、楽しいが、今後、経済的なしわ寄せが、かなり我が国にも押し寄せてくるだろう。それを考えると頭の痛い事が多い。

天津以外の港湾で同様の爆発でも起きれば、内部抗争モードに突入したのは間違いないだろう。(笑)先ずは、戒厳令発令され、各主要港湾での検疫強化となり、輸出入にブレーキが掛かり、シナへの外資流出が加速され、益々、経済破綻と、内乱への圧力が増すだろう。粛清の憂き目に晒されている江沢民派に、ここぞと根性見せて欲しいものであ~~~る。(笑)このままだと、どっちみち、不正蓄財を理由に、終身刑か、知らぬ間に殺処分されてしまうのだから、大人しくしている理由は無い。頑張れ~~~~。習派も、このまま、国内を引っ掻き回されたくないなら、理由なんてどうでもいいから、江沢民派閥の生き残りを早々に粛清しまくらないと、怒った民衆を抑えきれなくなるだろう。どっちも、がんばれ~~~~。

亜米利加、英吉利、日本、仏蘭西(独逸は除外)、露西亜が、裏で結託し、シナを崩壊へと導き、戦争はせずに、シナを分割するのが、アジアの平和的解決だと思うのだが、如何??さぁて、面白くなって参りました。


我が国の戦後70年談話(=本来は、日本国内向け談話であり、海外勢があれこれ言うべきものではない)にも、あれこれ注文を付けて来ていたが、そんな事する以前に、シナ国内の騒動を治める様、地道に努力すべきであろう。こんな、アホな狂産党政権では、どっちみち、生意気盛りのシナ人を抑え切れなくなるかも知れない。

シナ国家分裂か、動乱の行く末が楽しみであ~~~~~る。


続報だと、シナ側の公式発表では、違法危険物保管されていた量が、シアン化合物700トンとその他含め3000トンとのこと。天津港の周辺封鎖及び、港としての安全運用には、暫く時間が掛かる見込み。
天津港爆発の後、山東省の港湾でも爆発事故があった模様。シナ大丈夫???

ブリヂストン GRAND VELO GV-1000(初号機物語その1) [自転車]

先々月入手した、ロードの名前である。

70年後半に販売開始となり、80年後半まで生産された中級クラスのロードレーサータイプの自転車。
色々と調べてみたが、古いものなので、ネット上でも、あまり資料が検索できない。グランヴェロと云う名前で、市販され、GV500、1000、2000、3000と云う具合にシリーズ化されたものらしい。

車両ナンバーから、生産時期が特定できそうだと思ったが、ナンバーの解読方法が、見当たらず、今のところ、生産年を特定する事が出来ていない。

グランヴェロというネーミングについては、学生の頃、聞いたような記憶がぼんやりとあるだけで、ハッキリとしない。その頃は、その様な専門的な自転車に乗ることすら、想像もしていなかった。当時、然程興味もなかった気がする。

入手後、整備して、通勤に使用しているのだが、非常に具合が良い。自転車に詳しい友人の推察では、80年代に入ってから生産されたロットであろうとの事。生産され、少なくとも、30年前後が経過しているのだが、2000年に生産されたDAHON号より、乗り心地は良い。ミニベロは、所詮ミニベロの域を出ない。速度も、ミニベロで安全に40㎞/hを出すのは、難しいだろう。近所のお使い程度に乗るのが、正解。


これから、乗り続けても、年齢を考慮し、向こう10年程度なのだが、補修パーツも、ぼちぼち揃えて置き、更に長く乗れるようにしておこうかと、愚考中。今だったらオリジナルの古いパーツも、そこそこヤフオクで入手可能なのだ。


月に1000㎞も2000㎞も乗る訳ではないので、半年毎にキチンとグリスアップしておけば、回転系は大丈夫だろう。金属疲労が発生しそうなパーツやら、劣化するパーツの予備をその内に、入手しておけば良い。
偶に、GRAND VELO本体がヤフオクに出品されるが、入札件数も多く、そこそこ、人気モデルのようだ。ブリヂストンのアルミフレームのレイダックシリーズは、玉も多いのでヤフオクでも、よく見掛けるが、GRAND VELOは、月に2~3件程度と云うところ。乗ってみて、感じるが、あまり不満点が見つからないので、手放す人が少ないのかもしれない。(今時人気のカーボンフレームには乗ったことないし、あまり興味もわかない)


土日の暇潰しに、次のレストア素材を探しているのだが、どうせなら、GRAND VELOとは、味付けの異なる素材が入手できればと思うのであ~~~~~る。



危なっかしい、シナ [雑感]

先々週から、軽い熱中症+夏風邪に悩まされており、少し良くなったかと思うと、悪化するという具合で、2週間ほど、体調不良に悩んでいる。。。。。歳かな。


さて、株安を受けて、いよいよシナの状況が危機的な方向に向かい始めた。

1.株安の原因として、中国共産党で汚職などを取り締まる 中央規律検査委員会は8月7日、中国証券監督管理委員会の投資者保護局長を務めていた李量氏に重大な規律違反と違法行為があったとして、党籍剥奪と公職解任の処分にしたと発表。(=株の暴落は、中国の経済状態が悪いから、暴落したのではなく、証券管理委員会の役人の所為)

2.昨年12月に失脚した中国の共産党の大物政治家、令計画氏の 弟で元国営新華社通信記者の令完成氏が、米国に亡命していることが米メディアの報道で明らかになり、中国国内で大きな波紋を広げている。中国国内から共産党の機密資料約2700点を持ち出したとされているためで、米中央情報局(CIA)元職員のスノーデン容疑者による機密暴露の「中国版」に発展しかねない情勢。(=不正役人は沢山いるが、習政権側でない派閥の人間が亡命開始)

3.人民元2%切り下げ(=過去最大)
これまで頼みの綱としてきた輸出も昨年後半より伸び悩んでおり、そのテコ入れとして、人民元の切り下げ措置を行う。為替は、普通、市場経済に連動し、その価値が決定されるものだが、輸出が落ち込み、外貨が獲得できず、喘ぎだしたので、2%切り下げま~~~すという内容。
基軸通貨のドル、円、ユーロ、ポンドが、一斉に下げたとしたら、更に2%だろうが3%だろうが切り下げて、輸出を進行するという流れ。(爆)シナ人は、本当にアホだなぁ~~~。株式にしろ、為替にしろ、通貨戦争のターゲットにされているのが、理解出来ていない模様。


習政権は、狂産党基盤を固める為に、対向派閥を粛清し、軍部をも掌握する為に、対向派閥と目される軍上層部も不正を理由に、取締強化しつつある。(簡単に言えば、しょっ引いて、殺処分)

この様な政情不安定な状況が続けば、海外からの積極投資は徐々に減少し、国内は、粛清する側と、される側に分かれ、更に状況は不安定化を増す。既に、英吉利は、中国公表のGDP数値は、半分以下であるとやんわり、アンチ中国報道する側にたっており、AIIB積極参加と云いつつ、のらりくらりと、シナから搾取出来る隙を窺っている。

亜米利加は、既に、狂産党を廃党に追い込めるくらいのネタは十分仕込んでいることだろう。以前にも、記事にしたが、間抜けな独逸を除いた、EU&亜米利加、露西亜は、シナが崩壊するまでに、追剥の如く、その蓄積された富を簒奪することを画策していることだろう。アヘン戦争当時と同じで、骨皮になるまで吸い尽くすかもしれない。

シナ版スノーデンの第2、第3の人物があっちこっちに亡命し、シナの内幕を暴露し始めたら、只でさえ、信憑性の無いシナは、堪ったものではない。ネットに裏情報を流すだけで、シナ凶産党は瓦解しかねない。そして、最終的には、シナ虫けら人民が、飢え始めた頃合いが、ターニングポイントとなろう。

既に、シナの食糧自給率は10年前に比べ、疲弊しており、食糧の輸入大国となっており、海外からの食糧輸入に支障を来し始めれば、直ぐ様、シナ庶民は飢え始め、狂産党を非難し、暴動と成り得る。

最悪のシナリオであるが、強ち大きく間違ってもいないように感じて仕方ない。

翻って、我が国では、戦後、70年の間に、南朝やら、シナから送り込まれた、先遣隊をあぶり出し、清浄化するのに、かなり手間取っている。日本人として、我が国のルールを守り、我が国の発展の為に、尽くすのであれば、帰化して頂くのは、何ら問題ないが、南朝鮮やら、シナの利益を優先する為に、日本国内で日々努力されては、大きな迷惑であ~~~る。

平和主義やら、憲法九条遵守を理念として、ありとあらゆることに反対を唱える輩は、如何なものかと思うこの頃である。(平和は、とても大切だという事は、小学生でも理解出来る。だからといって、祖国を狂産党やら、如何様チョウセン人に蹂躙されるのは、御免蒙りたい。)

向こう1世紀程度、平和な世界を維持したいのであれば、強欲な覇権主義やら、パクリ放題の如何様野郎、根っからのタカリ野郎を思い切り叩くのも一案かも知れない。

熱中症 [雑感]

先週後半より、体調不良。
木曜日は、腹痛と冷や汗&下痢。金曜日は、吐き気と不眠。土曜日は、頭痛と怠さ。

日頃より、健康には気を遣い、睡眠も3~5分以内には、熟睡出来るし、特に頭痛などはあまり縁が無い。ど~~~も、おかしいと思っていたら、知合い曰く、軽い熱中症じゃないかとの指摘。

確かに、変な大汗をかくし、水分補給は心掛けているが、塩分補給はしていなかった。先週来、何を食べても美味しいと感じないし、食欲も減退気味。

軽い熱中症=夏バテらしい。全く、盆前の、このくそ忙しい時に、体調不良とは情けない。。。。。。

まあ、この異常な暑さを舐めて掛かった自分自身が悪いのだが、体温調整が出来にくい=加齢による衰えなのだろうか??自転車で、体鍛えているつもりなんだけどなぁ~~~。(悔)


熱中症初期症状に、私の場合、周囲の温度よりも体温が低く感じたり、突然、汗が噴き出てきたり、疲労感に襲われたりするので、同じような感じの方は、絶対に無理をせず、水分と塩分の補給と、適度な休息を取ることをお勧めする。

汗をかく=体内から塩分が放出され、調節機能が正常に働かなくなりますので、お気を付け下さい!



メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。