So-net無料ブログ作成
検索選択

あと2か月で今年も終わり [雑感]

あと2か月で2016年って、月日が経つのはなんと早きものよ。

1月から始めた自転車通勤も、あと2カ月で1年皆勤賞。DAHON号で約1100㎞と初号機現在、約600㎞なので、2か月頑張ると、2000㎞走行した勘定になる。なかなか、頑張った。


仕事の方は、2014年から開始した国内生産プロジェクトが、やっと、採算ベースに乗りつつある。もうひと頑張りしなきゃならんが、最悪の期間は脱したようである。諦めずに、頑張ってきて良かったぁ~~~~~。

自転車通勤は、これより寒さ厳しくなり、辛い時期に突入するが、怠けぬよう頑張ろう。
ダイエットも目標に入れていたのだが、体重は、筋肉が増えてきたので、横ばい。2014年の状態より、かなり引き締まったが、体重は然程減らない。

2016年度は、2015年=2000㎞の2倍=4000㎞走破を目標にしてみようか??出来るかな??頑張って、挑戦してみよう!!!






シナVS亜米利加 [雑感]

昨日より、シナが領海主張する南沙諸島の12海里(=22㎞)以内への亜米利加艦船の単騎航行の報せが、マスコミ各社で報じられている。

先ずは、亜米利加の艦船(=イージス駆逐艦=ラッセン)の乗務員に、畏敬の念を感じざるを得ない。シナの人工島と云えども、既に武装化されつつあり、ミサイルやら長距離砲での軍事拠点化されているところに、22㎞以内=完全な射程圏内に単騎駆けするって、すげぇ~~~~~~事だ。

人工島からの集中砲火でも浴びた日には、間違いなく轟沈されるのを承知で、アメリカ海軍の精鋭は、単騎堂々と乗り込んでいくのだ。常人なら、ビビッて、座りしょんべんするところ。ヤンキーすげえぜ。

USA! USA! USA!

ビビりまくったのは屁垂れシナ。日本の艦船には、ふざけてレーダー照射までしやがった癖に、マジ切れしているヤンキーの戦闘艦には、外交筋からの弱弱しい抗議のみ。(それに引き替え、日本は、思い切り舐められたものだ)

豪州、インドネシア、ベトナムフィリピン周辺国は、この話題に釘付け状態。当然、シナ人もこの件は耳に入りつつある筈。狂産党の誤魔化し報道で、何とか出来るものではない。

ヤンキーの凄いところは、1回の侵入では終わらせず、2回目も再チャレンジするらしい。それでも、シナが生意気な事を言い続ければ、次は、2隻とか、船団で押し寄せるであろう。そこまでされて、具体的な対抗措置を打ち出さなければ、シナ凶産党の面子丸潰れ&国内に宣伝しまくってた、大国になったという幻影は急速に否定される。

ど~~~か、シナ海軍も、ヤンキー艦船へ2~3発ぶっ放し、シナ人の存在感を示して欲しいものであ~~~る。ラッセンが被弾でもした日にゃ、シナ海軍は、相当の覚悟する羽目になる。怒りのヤンキーの怖さを思い知ることになるだろう。。。。。。。


日本も、折角、戦勝国になれるチャンスをみすみす見過ごさぬよう、海空軍の諸氏は、新しき下着を身に着け、その時に備えて欲しいものである。(新しい下着で戦闘に出る=死を覚悟する事)

勇猛果敢に、一人当たりシナ兵50人程度ぶっ殺せば、数の劣勢は補える筈。(笑)一人二人殺しただけでは、犯罪者呼ばわりだが、敵兵を100人1000人ぶっ殺せば、英雄となるのが、戦争。左翼の能書きが通用するものではない。


自衛隊員諸氏も、ラッセン乗員の勇気と胆力を見習い、その時が来たら、躊躇わず、合法的殺人マシンと化して貰いたいものだ。因みに、ゲームじゃないので、リスタートとかは効かない。死ぬか生きるかである。死なない為には、相手を皆殺しにするしかない。(苦笑)


しか~~し、こんな時代が、戦後70年で、又も訪れるとは、誰しも予測していなかったに違いない。科学技術は発達しても、人間の本質は全く進歩していないのであ~~~~る。(苦笑)



追記

亜米利加海軍は、この先も、当分、シナの主張する海域での自由航行を継続する模様。日本にも、どうだい??一緒に、なんて感じで、内々のお誘いがあるらしい。キンペーは、これ以上周辺国からの突き上げが増えると、孤立してしまうことを恐れ、越南へも訪問し、甘言を囁こうとした模様。アホキンペーだなぁ~。

亜米利加は、やるとなったら、間違っていようが、未確認であろうが、トコトンやるのだ。フセインがぶっ殺されたときだって、化学兵器の存在をあると信じ、正義の名のもとに、へっぽこイラッキー共を殺戮しまくった。

正義と自由の名の下に、誰かが犠牲になった途端に、云い訳無用のシナ人殺戮作戦の幕開けであ~~~~る。シナ人が、ミサイルか、魚雷でもポッチとしてくれると・・・・。早くやってくれないものですかねぇ~。(笑)



鍵忘れ [足を伸ばして]

今朝は、最悪。。。。。。。

6時半過ぎに、自宅を出発。7時前に、会社到着したのだが、鍵を忘れて、会社に入れず。。。。。。
最初の片道で、調子に乗って42.5㎞/hを出して、ニンマリしてたのですが、会社に到着し、鍵の無い事に気づき、ゲンナリ。。。。。


仕方なく、もう一度、自宅に戻り、鍵を持ち、再度出社。この間、約15㎞を自転車走行。いつもの、3倍の運動量。汗はビッショリ、足は乳酸溜まって、怠いし、最悪な出社。。。。。。

それでも、8時前には出社してますけど。(笑)

絶対に、鍵を忘れないようにしようっと!

グランヴェロでポタリング [ぶらりぶらぶら]

土曜日は、息子の考査試験も終了し、のんびりムード。
3時過ぎに、秋葉原までポタリング実施。

弐号機の組立不具合がないかどうかの確認を兼ねて、ノンビリ走行。六角レンチを持参し、息子の乗車姿勢に合わせ、シートポストの高さを何度も調整。クランクを漕ぐ際に、最も、楽に漕げるシートの高さを探る。

私にとって初号機のシートポストの調整その他は、上手く仕上がっている故、息子にも初号機に乗車させて、弐号機の位置決めの参考にさせた。漕ぎ易さ、乗り易さは、感覚的なモノなので、乗り比べをするのも、位置決めの良い参考となる筈。

漕ぎ易さ=クランクに伝わる脚力が、無駄なく駆動機関に伝わり、ロスの少ない推進力を得られる。ロードにおけるポジション決めは、非常に重要なのだ。

御徒町のデリーで、カレーを食し、帰路、少しばかりペースアップして走行。36㎞/h程度。スペシャライズドでは、そのスピードで初号機に追走するのは、かなり大変だったようだが、弐号機では楽勝らしい。それ以上スピード出すのは、こちらが辛いので、土曜日のテスト走行はそこで、終了。

弐号機の回転系パーツは、初号機よりもグレードの高いモノを投入しているので、もっとスピードが出ても不思議ではない。あとは脚力かな??さして苦も無く、40㎞/h辺りまで、出せれば、高校生の使用には不満ないでしょう~~~。

ブレーキについては、弐号機には、サンツアーのスプリントを装着しているのだが、効き方は、まだ安定していない様子。原因は、ブレーキシューのゴムが、経年劣化しているものと推察。その内、新しいものに交換すれば、問題なく、制動可能となる筈。

あと10%程度、微調整完了すれば、弐号機=完成となろう。
息子には、今時のカーボン素材で軽いマシンではないけれど、まずまずの走行性能である弐号機で、青春を謳歌して欲しいものであ~~~~~る。(笑)


何さっ(=南沙諸島) [雑感]

先週あたりに、亜米利加の大統領が、南沙諸島の12カイリ内に、亜米利加海軍艦船を派遣するという指示を出したらしい。南沙諸島12海里内は、シナの領海ではないという事を世界に示す為のものらしい。。。。

シナのキンペーは、呑気に英吉利訪問中で、バッキンガム宮殿に泊まらせて貰って、大喜び中。その最中に、南沙諸島12海里をアメ公の軍艦に我が物顔で行き来されたら、面子丸潰れ必至。

キンペーは、直ちにシナ海軍艦船を南沙諸島に派遣し、領海侵犯しようものなら、戦闘行為も辞さないと大見得を切りかえしたらしい。(←今ここらへん)


いやぁ~~~~、連度の低いシナ海軍が、先走って、ミサイルのボタンをポチッと押した日にゃ、亜米利加様対シナという戦闘状態に突入。経済面では、とっくに戦争状態真っ只中なんですがね。

亜米利加の盟友である英吉利が、金持ちシナ人にへいこらしている間隙をついての、陽動作戦とも言えなくはない。(笑)南沙領海12カイリ内を、何もせずに黙ってヤンキー軍艦が通り過ぎるのを見ていたら、キンペー大恥である。国内は、不平不満の圧力が高まっているので、キンペーの評価は駄々下がり。。。。。狂産党の権威失墜である。


そうなりたくなきゃ、レーダー照準をヤンキー旗艦にでも照射するなり、ミサイルボタン連打して欲しいものである。シナ人共、世界が見ている晴れ舞台だから、思い切り華々しく、やっちゃってぇ~~~~。(笑)


我が国としては、同盟国が公海にて、攻撃された場合、助太刀しなくてはならないという取決めしてあるだろうから、戦後70年、漸く、戦闘行為に参加出来る訳である。世界に自慢し続けた、対潜軍備やら、非核潜水艦の日ごろの訓練の成果を遺憾なく発揮し、同盟国の助っ人をきっちりと果たして欲しい。

まあ、夢想するような事態にはなり得ないと思うが、シナは、既に四面楚歌(露西亜と南チョンは別だが)状態で、万が一にも、馬鹿な行動には出るまい。そうなれば、シナ=狂産党は、亜米利加政策を更に対抗的な状態に置こうとするだろうし、面白すぎて、目が離せられないっ。

我が国としては、次期戦闘において、200%負ける方に付いてはならないのだっ。2度の大規模震災に見舞われ、数々の異常気象による激震災害に見舞われても、しぶとく、生き残ってきたのだから、赤字国債1000兆を発行しても、国際基軸通貨の一翼を担い、経済も維持しているのだから、間違ってもクダラナイ戦争の負け側になってはならない。これだけは言える様な気がする。


初号機整備(ハブの虫食い発見) [自転車]

金曜日は、盛岡日帰り出張
土曜日は、天候不順で、休養。(油断して、風邪をひく)

日曜日に、初号機の前ハブのグリスアップ実施。
開けて吃驚、虫食いだぁ~~~~~~~。初号機組立時のグリスは残っているも、何故か、ベアリング(左右共に)虫食い混入。玉押しにも、一部虫食い。。。。。(が~~~~~~ん)カップには、運良く、虫食いは見られず。このまま、1000㎞まで放っておいたら、虫食いが拡大し、エライ事になっていただろう。

古いハブの玉押しは、入手可能かどうか、直ぐには判らないため、取り敢えず、ベアリングのボールを調達。御徒町の靴屋から、8月に依頼したブーツの修理完了との連絡が入っていたので、靴の引取りと同時に、ベアリングボール調達。念の為、リアハブ用も。(両方で、1100円)

御徒町に行ったついでに、ウサギやのどら焼きを購入し、帰宅。

帰宅後、直ぐ様、作業開始し、ボール交換&グリスアップ。玉押えの虫食い部分は、パーツ調達可能かどうか、調査続行中。。。。。。前回、メンテした際は、何ともなかったように思えたのだが、500㎞程度で、虫食い発生。全くも~~~~~~~。

ベアリングのボール交換し、応急処置は済んだが、初号機=通勤号なので、雨の日以外、ほぼ毎日乗る為、早期に玉押しを見つけて交換しないと、虫食いの玉押しによって、折角入れ替えたボールにも虫食い被害が拡大しかねない。(恐怖)古いハブは、交換パーツの入手に難ありだから、厄介であ~~~~~る。

しかも、応急処置をする=高い交換パーツ代を支払う羽目になり、これまた想定外な出費を強いられる。今後も、ハブのベアリング部分は、チョクチョク見るようにしないと駄目だなぁ~。虫食いなんて・・・・・・・・。まさか、しているとは思わなかったぜぃ。(悲)メンテのお蔭か、今朝の走りは、好調そのもの。軽~~く40㎞/h出てます。(気分的なものだと思いますが・・・・)


虫食いの原因をネットで検索しつつ、玉アタリの調整が虫食いの要因なのか?グリスに金属粉が紛れ込み、ヤスリとなって、虫食いが発生したのか??なんだろね?


追記:シマノスモールパーツ販売で、RX100 HB-A550の玉押し在庫確認。何とか調達可能なので、前後の玉押し発注。今週末にでも、再メンテして、パーツ交換。(予備も確保)弐号機のハブ用玉押しも探しましたが、こちらは、既に廃版&ストックゼロらしく、確保が難しそうです。。。。。。。

後日談
無事、前輪ハブの虫食い玉押しを交換完了。これで、暫くは、安心して乗れる状態。半年毎に、点検した方が良さそうです。

乗らない自転車は処分 [自転車]

返却予定のスペシャライズドは、初期化作業も終了したので、師匠のところへ配送するのみ。

そ~~~すると、自転車置き場に、余裕が生まれる。


何とな~~~く、もう一台位、弄るアイテムがあっても、良いような気がし始めた。

初号機=通勤専用&土日のサイクリング
弐号機=息子専用機
DAHON号=雨天専用機(通常は、会社倉庫保管)・・・現在Fブレーキ故障中

弐号機には、偶に乗る程度。息子に譲ったので、メンテも、彼がやる様に通達。ここから先は、一切手出ししないつもり。

休日の度に、あちこちメンテ&清掃しているお蔭で、初号機には、弄るところが無い。タイヤも600㎞程度なので摩耗も劣化も大して無いので、あと1500㎞は乗れそう。。。。。。来年の作業かぁ~~~。


土日、持て余し気味のオッサンにとっては、これは一大事なのであ~~~る。

よって、取り敢えず、脳内だけで、参号機プランを作成する事に・・・・・・・・・。

グランヴェロ以外で、乗ってみたい車種は???う~~~む、思いつかない。(あまり詳しくないので知らない)

乗り心地の悪いアルミフレームは、あまりいいイメージが無いので、却下。派手なデザインカーボンフレームは、年相応でないので却下。やっぱり、シックなクロモリかぁ~~~~~~。既に、2台もあるのに、3台目もクロモリって、芸が無さ過ぎだろぉ~~~。この際、3台目もグランヴェロにすっかぁ~~~。(爆)
でも、グランヴェロのヤフオク出品は、このところ、とんとお目に掛からず。見掛けるのは、RADACと云う車種ばかり。しかも、何故か、高い。。。。。。

なんか、暇潰しになる、レストア素材ってないものですかねぇ??家人に白い目で見られることなく、休日を充実して過ごせる題材が見つかると良いなぁ~~~。

DAHON号でもバラすか??(今更、ミニベロに金使ってもなぁ~~~~。ブレーキだけ、ちょこちょこっと直せばいいじゃん。)







パーツ交換と調整 [自転車]

三連休の初日は、知人の結婚式に出席。11時半出発~帰宅5時と、長丁場だったので、疲れ果てました。

二日目は、先ずはスペシャライズドの初期化。台湾製BBを元に戻し、クランクをRX100からシマノ600二戻し作業終了。

弐号機のシートポスト高さ、ハンドル角度、サドル角度&位置調整は、乗り手である息子と一緒に5㎜単位で調整。組立当初に比べると、大分乗り心地が向上したようです。こればかりは、乗り手の感覚次第で微調整しなければならないので、これ以上の調整は、息子自身が追い込まなければなりません。疲れにくく、漕いだら漕いだ分が、前進する様に、位置決めをしっかりやるだけです。

弐号機フレームの防錆処理のその後の状態もしっかりチェック。錆びの進行は認められず。


初号機は、私が乗り易い様に何度も、位置決めを調整したので、私自身にはとても乗り易い状態。平地なら20~30㎞程度では、全然疲れません。(笑)これが重要な気がします。

この先、どれくらいの距離を走るかは判りませんが、BBの予備2個とクランクRX100の予備一式は既に確保済。欲を言えば、変速機は前後1セットは確保しておきたいところ。ヤフオクをチェックしてますが、なかなか掘り出し物には巡り合えません。(弐号機で使用した変速機は、デッドストックで両方合わせても2000円そこそこ、良い買い物でした。)あとは、ケーブル類ですが、2015年に新品で組んでいるので、来年以降で良いでしょう。

高1の息子の学校の親しい友人2~3人が、流行なのか、新たに自転車を購入するとかしないとか、殆どが、今時のカーボンフレームの新車らしく、クロモリのWレバー変速なんて古臭いロードは、候補にすらならないらしい。(苦笑)せめて、STI仕様にしてやれば良かったと、少しばかり後悔したが、子供達は、レース志向ではなさそうだし、仲間と連れ立ってのツーリング、サイクリングが主体らしいので、そのままにしときます。学校の自転車部に在籍しているお子さんに、チネリ好きがいるとか、息子談。(笑)バイト禁止の学校なのに、チネリに乗ってるって、凄いな。(驚)

どーせ、グランヴェロなんぞ、見たことも聞いたことも無い世代だろう。もしも、仲間にマシンの事を聞かれたら、安物の中古自転車だと云っておきなさいとアドバイス。(事実だし)我が家は、高級カーボンロードなんぞ、購入する贅沢は許しませんっ。(笑)ヤフオクを駆使し、寄せ集めのパーツで組上げた弐号機、オッサン仕様だが、許せ息子よ。(笑)


最終日は、近所を10㎞程度ポタリング。美味いと評判の蕎麦屋で盛蕎麦を啜り、評判のパン屋で食パンとバゲットを購入し、帰宅。なかなか美味いパンでした。(笑)

少し漕ぐだけで、かなり長い間、ホイールが回転する為、全く運動にはなりゃしませんが、楽ちんで~す。

三連休は・・・・・ [自転車]

やることないので、初号機のメンテでもしようかと思ふ。

前後ハブのグリスアップとチェーンとギアの清掃。今のところ、其れ位しか思いつかない。(苦笑)半月ほど前に、BB部分のメンテも実施し、クランクもピッカピカに仕上げたので、実のところ、あんまりやるところが無い。(苦笑)しかも、チェーンとギアの清掃なんて、10分も掛からない。ハブのグリスアップも、100km
走行した辺りでやったばっかりで、本来必要ないのだが・・・。

この二カ月あまりは、弐号機のパーツ収集やら、パーツ磨き、組立等、楽しい作業が続いたのだが、弐号機完成後の現在、少し燃え尽きた感じ。

包丁でも砥ぐか、実家向けにパスタソースでも作り溜めするか?それとも、初のロングツーリングに出掛けるか??でも、独りじゃつまらなそうだし・・・・・・。

シルバーウイークが終わったばかりなのに、又も、三連休って、シンドイっす。師匠(友人)のところも、先週行ったばかりだし、ハァ~~~~~~~って感じなのだ。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。