So-net無料ブログ作成
検索選択

嫌ぁ~~~~な予感 [雑感]

仏テロに続き、土耳古による露機撃墜、その後、緊張状態継続。

斯様な状態の中、日経平均は2万円を超すだの、訳の分からない状態。

なんだか、嫌ぁ~~~~な予感しかしない。

シナからは、日本企業が続々と撤退しており、先週は、日清食品が、現地投資先との資本解消。インスタントラーメンなんぞ、如何に衰えたシナと云えども、あれだけの人数が購入したら儲かる筈なのに、事実上の撤退。PM2.5の数値が600とも1000とも言われており、そんなところで、金儲けする輩は流石にいないか??(苦笑)

土耳古が撃墜した露機の一件も、昔だったら、ドンパチ始まってても不思議ではない事件。露西亜は、金欠状態で、大掛かりな喧嘩出来ない様子。亜米利加様をバックにしているNATOを敵に回して、全面的なドンパチなんぞ出来る体力は恐らく無い。その欧州各国は、独逸のアホ首相の難民受入れ推奨により、ガタガタ。予想通り、一部に難民受け入れ制限が始まった様子。

2016年は、更に不安定な状態へと移行しそうな予感。


複雑怪奇に絡まった世界経済が、このまま世界恐慌突入ともなれば、先ずは、保護主義的な経済政策が横行し、それでも行き詰った国から、暴走開始するであろう。。。。。。。WW2の頃とは異なり、インターネットが発達しているので、貧しかろうが、豊かであろうが、様々な情報が、世界を駆け巡るのである。その為、更にややこしい話になってしまう。簡単には開戦出来なくなったし、正義が無ければ、軍を動かす事が出来ないのだ。

テロリスト側は、有り余る情報から、テロがやり易くなっており、それが、余計に事態を混沌とさせてしまう。しかも、現時点では単なる難民なのに、受入先での迫害やら、経済的自立が出来ず、格差を受け入れられず、数年先に、テロリストに変貌する可能性の高い難民若者は幾らでもいるだろう。安易に国境を解放したEUに、今後当分の間は、安全な朝は来ない。国家間の紛争だけなら、勝敗は必ず決するが、テロリストが絡むと、終わりなき戦いになってしまう。国家間の利益のみならず、宗教、教育、文化の問題を明確にしないまま、気の毒だからとか、可哀そうだからと云う安易な人道的見地から、パンドラの箱を開けてしまった感がする。

どんなに空爆回数を増やしても、どんな高価な弾薬の雨を降らそうとも、テロとの戦いは際限がない。父親、母親、親族を殺された子供は、何年後かに、憎しみしか持ち合わさないテロリストと化すので、テロが終焉を迎えることは無い。高価な武器弾薬、兵士を投入し、高額な戦費を弁済してくれる相手国も無い戦いなのだ。
やる側もやられる側も、徒労な戦いの幕は切って落とされたのだ。

全世界が、国境を解放したら、国家経済が成立しなくなる。よって、国家と云う線引きは、経済が成立している限りなくならない筈。人道主義も大事だが、安易に国家という枠を解放することは、大きな混乱を招くしかない。軽軽な人道主義に対しては、賛同しかねる。

さてさて、2016年、どうなるんですかねぇ~~~?????




お伊勢参り [自転車]

息子が、高校の自転車仲間と、冬休み伊勢神宮まで、自転車で行きたいと言い出した。(驚)

親馬鹿かもしれないが、片道およそ400㎞近くのロングツーリング、本当に漕げるのか??メットは??着替えはどうするの??寝泊まりは??色々と心配なのだが、行くのだったら、応援してみようかと思っている。

バイクは、700㎞走行しても、今のところ不都合無しの初号機を推薦。弐号機は、チューブラーだし、組み上げてから50㎞も走行していないので、万が一、マシントラブル発生すると、折角の旅も台無しとなってしまうので、初号機で行った方が安心。

心配は尽きない。寝袋はどうするのか??どこで寝泊まりするのか??食費は??当の本人よりも、心配事が多い。(苦笑)親馬鹿だなぁ~~~~。

まあ、考えてみれば、ヘラヘラとネズミ―ランドに行ったり、訳の分からんコンサートに夢中になるよりも健全である。いつかは、親の知らないところで、色々な局面に遭遇しなけりゃならないのだから、片道400㎞程度の自転車の旅くらい、走破出来なくてどうする。でも、事故は心配だし、、、、、、あ~~~~どうすりゃいいの???

行くのであれば、それ相応に、準備してやらなきゃならんし、1日2日で、準備出来る訳でもない。

あ~~~~困った。(笑)


手砥ぎの成果 [刃物]

熊本に嫁いでいる姪っ子(=長姉の長女)より、切れない包丁を預かり、ギンギンに砥ぎ直して、返送。宅急便代金を支払わせるのは忍びないので、片道宅急便代と紅茶を足して、返送。

近所でも、砥ぎ屋は幾らでもいるだろうに・・・・・。何回かの宅急便代金で新しい包丁買えるぞ!(苦笑)

素朴な疑問で、長姉に、わざわざ運賃掛けて、送付せずとも、近所の砥ぎ屋に出しても良いんじゃないのとアドバイスしたところ、800円~1000円で砥ぎ屋に出しても、愚弟の砥いだ包丁の方が、長切れするから結局は得なのよとの回答あり。

確かに、砥ぎマシンで本数こなす砥ぎ屋に出すと、直後は切れるが、直ぐに刃が丸くなるので、長切れしないのであろう。手砥ぎで、刃先、刃央、刃元と刃先の研ぎ角度を微妙に変えて、丁寧に刃付し、とっておきの刃の黒幕#10000を使って、仕上ると、通常使用なら、2~3カ月はそこそこ切れるのだ。(包丁を使う際、切るモノによって、刃の使い方が変わる。例=固い根菜を切る場合は、刃元を使う場合が多い、葉物は主に刃央を使用、肉などは、刃央から刃元)

砥ぎ初心者の頃は、刃先から刃元まで、なるべく同じ角度で刃付していましたが、これだと、場所によって刃毀れが多く、長切れしないので、今のスタイルに変化。結果オーライの様です。


厄介なのは、雑な砥ぎ屋や、ド素人が砥いで、刃の角度を滅茶苦茶にされるのが、一番手間が掛かって、面倒。研ぎ癖が付いたら、刃毀れしていない限り、切れ味を賦活させるのは、訳の無い作業なのだ。しかも、減りが少ないので、包丁の寿命も延びる。

我が家のエースの包丁は、完璧に砥いであるので、異常な切れ味。うっかりすると、爪までスパッと落ちてしまう。そのかわり、全く力を入れずとも、切り口が鋭利なまま、組織を破壊せずカットできるのだぁ。しかも、2カ月くらいは、その切れ味を維持。(笑)

長姉と姪っ子という、仕事の判る顧客が出来て、ちょびっと嬉しい限りであ~~~~~る。




パリ~~~ン [雑感]

欧州での大規模テロ発生を、ニュースで観つつ、こりゃ面倒な事態になったものだと、実感。

ISISだか、なんだか知らないが、一度のテロ行為で、殺傷し過ぎである。
何の罪もない仏蘭西一般市民を殺傷するのは、勿論許されるべき行為ではないが、一度のテロで無駄に殺し過ぎ。結果として、仏蘭西世論は、怒り狂い、ISに向け爆撃を強化するだけ。その結果、難民が更に増加するのだ。

テロのやり方に問題。成るべく、人を殺さずに、面倒な事態を次々と引き起こし、徐々に暗~~~いムードを創り上げ、空爆に関する罪悪感を植え付けるべきなのに、思い切り殺してどうする??相手は、凹むどころか、ISISを根絶やしにするまで、止めようとしないだろう。(仏蘭西は、昔から戦争大好き国家なのだ。)ISってアホだろ。

しかも、難民にも悪影響しか及ぼさない。何人かは、テロリストが混ざっているだろうが、戦火で住めなくなった故郷を追われ、新天地に辿り着いた亡命者の多くにも、冷たい視線が浴びせられ、間違いなく迫害されることになろう。

そりゃ、テロ大成功すれば、ISISは、嬉しいだろうが、今回のテロの様にやり過ぎると、10倍20倍100倍になって報復されるのがオチなのだ。テロをやればやるだけ、ISIS=完全悪人となり、宗教間、人種間の溝は更に深くなるだけなのだ。


仮に、水面下で資金援助していると云われるイスラム諸国が、ISISを容認し、国家建設する方向になったとしても、キリスト教国家では受け入れられず、犯罪集団のままなのだ。その結果、ISIS占領地の無実のイスラム教徒は、住むところを追われ、放浪するしかない。現時点では、独逸のババアが、受け入れると明言したため、厳しい冬の今でも、EU目掛け、難民が押し寄せているが、今回のテロにより、EU諸国では、反イスラム思想が芽生え、国境は間もなく閉ざされてしまうだろう。(単なる難民問題から宗教戦争的要素まで加わることになる)当に、カオス状態突入。


お互いの理屈が噛みあわないまま、ISIS支配地域で生活出来なくなった難民が、流浪先で、更に苦労するという図式が、新たに生じようとしている。

国家という線引きが、崩壊すると、この様な悲惨な憂き目に遭うのである。では、シリアの国家崩壊を助長し難民を生んだのは、誰か??旧西側諸国(亜米利加、英吉利、仏蘭西)と、旧東側諸国(=露西亜)が、それぞれの思惑で介入したからに違いない。正義を振りかざしたつもりの旧西側諸国に、ISISは噛みついたのである。それぞれの思惑が、全く違う方向で噛みあわぬまま、落としどころが見えない事態に発展中なのである。カオスっ!!

こんな時は、大多数の理屈で、結論付けるしかないのだが、それすら、今のところ、船頭が多過ぎて、方向性が見えない。殺し合ったところで、当面の問題解決にはならず、深刻な事態が次から次へと生じるであろう。日本は、位置的にかなり遠いので、この問題がどれくらい深刻か実感できていない。(他人事である。)

エスカレートせずに、終息する手立てが無いものか??それとも、EU&中東発の世界大戦へと拡大するのか??いやぁ~~~~な展開を迎えたものであ~~~~~~る。こりゃ、2016年も荒れるな。(苦笑)

ホイール交換 [自転車]

自転車師匠より、息子に頂いたスペシャライズドの前後ホイールと壱号機の其れを交換しました。初号機(=グランヴェロ)のRホイールは、巾126㎜で7段ギア。スペシャライズドは、130㎜で8段ギアなのですが、師匠の云う通り、スポッと苦も無く、初号機のリアに収まりました。

ブレーキの利きを調整し、恐る恐る試乗してみると、なかなか快適。MAVICのOPENPROのクリンチャー仕様、タイヤはビットリアの23c。ハブは、シマノのアルテグラ。軽やかに回転します。

初号機のホイールは、28CのタイヤにARAYAのリム、ハブは、RX100というオールド仕様。メンテはバッチリですが、如何せん重い。MAVICのホイールは、乗り手の不在状態のスペシャライズドに付けっぱなしも、勿体無いので、交換という具合。

接地面積の抵抗減少と、ホイール軽量分だけ、速度は向上した感じ。軽く漕いでも、36㎞/h程度に直ぐに到達。重~~い感じがしていた初号機も、少し身軽になった感じです。

28c→23cという細いタイヤの乗り心地は、あまり良くありませんが、これは、これでGOODです。(少し怖い気もする)

サドルの貼り替え [自転車]

サドル.jpg

三作目のサドル貼り替え。
400円程度でヤフオクで落札し、350円くらいの革を張る。作業時間は、3時間くらい。手順は 検索すると解り易い解説が出てくるので参考とした。皮革用の接着剤を、十分乾燥させた後、防水スプレーを吹きかけ、一昼夜乾かせば、作業完了。今回は、ヤギ表革(黒)に挑戦。一緒に写っているサドルは、第二作目のヌバック(茶)である。

第一作目は、バックスキン(白)で貼り替え、現在、壱号機で使用中。走行距離350㎞以上ではあるが、雨さえ降らなければ、何ら不都合なし。同じ要領で、貼り替えしてあるので、二作目も三作目も、同様に使えるものと推測。土砂降りでの使用には、自信ないので、使用していない。

貼り替え用のボロサドルはあと二個あるけど、使わないサドルばかり増えても、如何なものか??(苦笑)
こっそりと、収集しているロード用パーツ群は、1台の約3割収集済。


って、いよいよ参号機の準備????



そんな訳ないのだが、壱号機、弐号機の予備パーツとして、収集中。(笑)
参号機を組むとしたら、矢張りクロモリか?カーボンには、全く興味湧かず。カーボンフレームは、その内、ヤフオクに溢れかえって、二束三文で買えるようになると予測。70~80年代に生産された素性の良いクロモリは、その頃には、今より高嶺の花になっていそうな気がする。(あくまで、状態の良い物に限るが)グランヴェロは、流石に要らないけど、ズノウなんかは、高くて手が出ない。綺麗なフレームだけど、乗り心地は???である。


サドル貼り替えばかりでは、土日の暇潰しにしては、若干物足りない気がするが、当分は、我慢かなぁ~~~~~。

BB交換 [自転車]

文化の日は、初号機のBB交換実施。

10月より異音がし始めたので、買い置きしてあるBBと交換。クランクの取り付けネジも緩んでおらず、古いBBの取り付け状態も緩みなどない。そうなると、古いBBの内部に問題がある事となる。

取り外した古いBBと新品を比べてみると、古いBBの回転がかなり重く感じられる。手で回す程度では、異音(=ガリ)などは、全くないのだが、かなり重いのは確実。新品のBBは、グリスが固まっているので、そんなに軽い回転ではない筈。それと比べても重いってのは、異常ありってことなんでしょうかぁ?

新しいBBにグリスを塗り、無事装着完了。クランクネジも、キッチリ締め付けてから、自宅周辺を2㎞ほど、試乗するも、異音の発生は確認できず。これで、問題解決かなぁ~~??暫く、この状態で乗り続けてみます。初号機の回転系パーツは、メンテ&新品交換完了したので、当分は、安心。(?)BB交換したら、回転スムーズになり高速走行可能と言う訳ではありません。(苦笑)精神衛生上、安心感が得られる程度です。速度向上は、減量&足を鍛えるしかありません。2016年は、50㎞/h目標の予定。あくまで、予定ですが。。。。


天気も良いので、遠出しようかとも、考えましたが、包丁研ぎやら、自宅の仕事を片づける事にして、ダラダラと休日終了。今月は、23日にも休日があるので、その辺りに、遠乗りしてみようと思います。

後日談:BB付近からの異音は、出ません。やはり、壱号機のBBは、寿命だったのですかねぇ。交換後、クランクの回転はスムーズですが、最高速度が速くなった訳ではありません。(苦笑)
その内、BB予備を1~2個購入する予定。

日曜日は [自転車]

壱号機、弐号機、揃って、荒川サイクリングロードに出撃。出発前に、空気圧を上げ、チェーンにオイルを注し、各部のネジの緩みを点検して、8時半頃、出発。荒川河口付近から、サイクリングロードに入り、千住大橋まで走行。

息子の弐号機シートポスト高さ調整行い、約6~7㎜更に高くして、調整終了。弐号機は、最高速、39.2㎞/hでの走行するも、安定。壱号機よりも、弐号機の方が、速い気がする。。。。。。タイヤの太さが、壱号機>弐号機なので、接地抵抗の少なさでは、弐号機が圧倒的に有利。高1の息子に勝てなくなる日も近い。(苦笑)

荒川の土手は、ススキが見頃。お勧めですよ~~~~。


正直、草臥れたので、千住大橋辺りで、サイクリングロードを抜け、一般道を上野方面に向かい、御徒町で、バイクを預けて、ぶらりと散策。アメ横をブラブラしてから、私=タンメンと息子=炒飯大盛りで昼食。かなり旨かった。

バイクを引取り、帰路、浅草橋の革屋で、サドル張替え用の革を購入(=324円)。帰宅後、近所の海苔の特売に行ってから、独りサドルの革張開始。(本日の走行距離約30㎞)

前回の張替え作業で、コツをつかんだので、かなり手早く作業が出来、小一時間で、革張り替え完了。今回の革は、弐号機用にヌバックの薄茶色を採用。セラサンマルコ(selle sanmarco) CONCOR SUPERCORSAをレストア完了。中古サドルは、ヤフオクで4個=1900円で落札。残りは、AVOCET TOURING2、セラサンマルコ CORSAIRE、セライタリア (selle italia) turboの3個ですが、ぼちぼちとレストア予定。

新品で購入すれば、どれも、1万前後の高級サドル(?)ですが、ヤフオクで、ボロボロ、錆錆の中古状態だと、1個400~500円程度で入手可能。汚れを拭き取り、錆を根気よく除去し、革を張り替え、防水スプレーを噴霧し、乾燥させれば、1000円程度のコストで見事復活。一作目を初号機に装着中で、これまでに300㎞程度走行しましたが、実用上、何ら問題なし。今回の30㎞程度の連続走行でも、お尻は痛くなりません。耐久性は、検証中なので、判りませんが、1~2年=2000~5000㎞もてば、御の字。コスト1000円なので、惜し気なく使えるところが、魅力的。ケチ臭いレストア作業ですが、サドルに1万前後を費やすのは、躊躇われます。バイク自体が、格安レストア作品なのに、一点豪華主義でサドルにお金を掛けるなんて、ナンセンスでしょう。今回のCONCOR SUPERCORSA(改)は、息子にプレゼント。(あまり、喜びませんでしたが・・・・渋い外観の弐号機には、似合いそうです。新品買ったら高いんだぞっ!)


サイクリングロードで休憩中に、行き交う自転車を観察していると、9割がたが、今時流行りのカーボンフレーム、残りがアルミ、5分程度が、クロモリフレーム。ほぼ全てのロード乗りが、バッチリキメキメの服装。なんだかなぁ~~~って印象受けましたが、そこは、人それぞれなので、構わずですけど。流行って凄いです。(苦笑)

初号機のBBで、10月通勤中に3回ほど、バギッと異音がしている。今回の走行中にも一度、ガギッと異音&変な感触があった。多分、BBの内部でベアリング破損の予感。先月、クランク外した際に、思い切ってBB交換すれば良かったのだが、もう暫く使えるとケチったのが悔やまれる。予備のBBに交換するかなぁ~~~~。








メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。