So-net無料ブログ作成
検索選択

仕事納め [雑感]

2015年の仕事納め。
感慨深い思いと、やり残した事への悔いの念が入り混じる。
難しい一年を乗り切ったという充足感もあるが、それ以上に、更に混沌となる2016年への不安が大きい。

割り切って、考えも新たにという、単純な発想で乗り切れるものではないが、故郷に帰省し新年を迎えながら、気持ちを切り替えるしかあるまい。

2014年より変動の波が徐々に大きさを増し、それをどう乗り切るかを、試行錯誤しつつ、頑張ってきたのだが、2016年は、過去経験したことのない変動が待ち受けているかもしれない。斯様に、慎重になるのはやむを得ないが、シンドイものであ~る。こんな、真摯な気持ちで迎える年末&仕事納めは、初めて。

周辺諸国との摩擦が、限界を超えることになるのか?
為替変動が、予期せぬ方向へ向かうのか?
現在温めている幾つかの案件の成否は?

考えれば、限の無い話であるが、これも宿命であろう。

出来れば、諸外国とはギリギリの外交戦、経済戦争にとどめ、軍事力を使わぬ解決を最後まで諦めずに努力して欲しい。過去の大戦の発端は、国家経済の窮乏が要因となっているケースが多い。経済の悪化に伴い、人民の不満が、全体主義に変貌し、結果、捌け口としての軍事衝突やら、侵略へと発展した。

多様化した価値観、言論の自由、宗教の自由が、認められている、こんなに緩い状態=今は、当に平和なのである。しかしこれ以上、経済が疲弊し、国民の多くが窮乏生活に突入→不平不満が高まる→国家維持の為に、抑圧政策→更に不満が蓄積→諸外国との軋轢が切っ掛けとなり紛争へと発展となりかねない。

リーマンショック後の亜米利加、バブル崩壊後、大災害に見舞われた日本、共に、経済の立て直しを地道に内外共に努力してきたのだが、多くの資源国家は、急成長する中国市場に、資源を注ぎ込み、バブルを膨張させるに過ぎなかった。資本主義の暗黒面を理解せず、シナ人は、中華主義を暴走させ、多くの国々を巻き込みながら、大きな岐路を迎えてしまった。シナに限らず、暴発の火種は、露西亜にも存在するし、中東を起点とし、欧州にも存在している。

軍備増強なんぞは、平和な時代には、日蔭者扱いなのに、今や、火種を抱える国々は、揃って軍備拡張を行い、疑心暗鬼状態に突入しつつある。既に、シリアでは、各国が入り乱れ、軍事作戦を開始しており、大戦前夜なのかもしれない。

世界が自律的に落ち着きを取り戻すのは、容易ではないだろう。2016年、明るい一年になればと願わずにはいられないが、色々なシナリオをベースに生き抜く道を模索しておかなければ、大変な事になるのではなかろうかと、思うのは考え過ぎだろうか??


あまり考え過ぎるのは、年末に相応しくないので、早いところ、仕事納めして、帰省し、実家の包丁でも砥ごうっと。(笑)




ホイール交換(2回目) [自転車]

現在、700cのホイール3セット保有。

1.アラヤ製リム&シマノ製ハブ&パナ製クリンチャータイヤ(28)
2.MAVIC製リム(GL330)&シマノ製DURAACEハブ&チューブラータイヤ
3.MAVIC製リム&シマノ製ハブ&クリンチャータイヤ(23)

乗り心地順位 1.>2.>3.
スピード順位 3.>2.>1.
安全性順位  1.>2.>3.


先月より、初号機で2セット(2,3)を約10日間づつ使用し、再度1.に戻した。28は、太いが乗り心地と走行安定性は良好。通勤時使用には、一番適切かも知れない。細いタイヤは、スピードは出るが、怖い。高速でカーブを曲がる時とか、段差を乗り越える時など、ヒヤッとする。

重いのが難点だが、空気圧を高めに入れれば、接地抵抗は減るので、暫く1.で乗ろうかと思う。濡れた路面や、路面凍結でも、多少踏ん張りがきくタイヤの方が、良いだろう。多少、高速域を犠牲にしても、大した問題ではない。転倒すれば、身体と、車両共に、ダメージが大きい。安全第一である。

一年間で通勤&土日乗車した距離は、約1900㎞。(メーター積算外を含めると約2000㎞)
3セット共に、一度もパンク無し。3.のセットのみ、タイヤにひび割れが多数出始めたので、1~2月頃には、タイヤ交換時期を迎えそう。

来年は、3000㎞走行目標かなぁ~~~~~。

初ツーリング [自転車]

考査中の息子が、突然、考査終わったら、箱根までツーリングに行ってくると宣言。
遂に、ツーリングに行くことを決意したらしい。

家内と相談し、送り出すことにしたのだが、タイヤ交換もしたこと無いママチャリ小僧が、いきなり200㎞のツーリングに行くって、大丈夫かぁ??学生時代に、達成感のあることをするのは有意義ではあるが、やや無謀な気もする。

60~70kmツーリング経験のある友人と行くらしいので、その点は少し安心であるが、足手まといにならないかが心配。20~30km走行しか経験の無い初心者同然が、いきなり200kmって・・・・・。

まあ、やらせてみるしかあるまいと、こちらも腹決めし、支度に掛かる。

携帯ポンプ、パンク修理キット、輪行袋一式、簡易荷台、スペアチューブを大慌てで、アマゾンで購入。
携帯工具は、工具箱の中から、使えそうなものを拾い出し、纏めおく。
ヘルメットは、家内がプレゼントするというので、それは、お任せ。
衣服類は、本人にあるもので工夫するようアドバイス。(とんでもない準備しそうで頭が痛い)


まあ、一通り、200kmのツーリングで必要なアイテムは補充出来たが、輪行袋に自転車を入れること出来るのかね??事前の練習しとかないと、友人の足手まといになるのは、必至。大丈夫かなぁ~~~??

初号機の方が、800km走行し、不具合もないし、安心なのだが、本人は弐号機で行きたいと云い張るので、再メンテし、不具合が出ないように点検しなければならない。(それも、自分で出来る様にしないと駄目なんだよ)

他人事じゃないんだから、自分で考えさせないといけないのだが、こちとらも、200kmツーリングなんぞ経験ないので、適切なアドバイスが出来ない。一度、経験して、痛い目に遇わないと覚えないだろうから、どんな準備をするのか、観察してみようと思う。(必要小物は、買い与えるしかないが・・・・・。)


親馬鹿を発揮し過ぎ、子供の考えようとする折角の機会を奪わぬように、気を付けつつ、アドバイスするのはなかなか面倒。口出しする程度やら、事前練習のコツを上手く伝えなくてはならない。(自分の頃は、本を読んだり、人に聞いたりしたものだが、そういった機会が、最近の子供には少ないのが、やや気の毒ではある。)

まあ、昭和世代で、200kmツーリングしている世代は腐るほどいただろうけど。月刊雑誌を読み漁り、工夫に工夫を重ね、挑戦していたのだろうと思うが、今時のゲーム世代は、自転車に乗れば、200km行って帰ってこれるものだと甘い認識なのであ~~~~る。

顛末)
土曜日に、息子から、当日(=日曜日)は一日中、雨だから、中止だよ~~~。と、云われ、茫然。。。。。
まあ、寒い雨の中、ロングツーリングなんぞ、行くべきではないので、中止止むを得ずだが、あれこれ、支度したのが、無駄。。。。。。(苦笑)


自転車通勤 [自転車]

今朝は、凄い風が吹く中、初号機で通勤。
橋を3か所ほど、渡るルートなのだが、橋の上で、初号機が風に煽られ、ふらついて、少し怖かった。

走り初めは、寒いので、手とか耳とか、ジンジンして、やっぱり電車にすれば良かったかなと思うのだが、少し経つと、体も暖まって、寒さの中でも快適。ただし、風に煽られるのは、細身のタイヤで走行中は怖い。

昨日、初号機のタイヤの空気圧を高めたので、接地面積が減り、軽快感は増したが、安定性は落ちた感じ。路面の凹凸が、もろにハンドルとサドルに伝わるので、硬い乗り心地へと変化。

初号機は、少しのセッティングの変化で、乗り心地が変わるので、面白い。好みでは、初号機>弐号機と云う感じ。同じグランヴェロシリーズだが、製造年が数年違うだけなのに、マシンの乗り心地は、だいぶ異なる。
初号機が、少しの調整でも、乗り心地が変化するのに比べ、弐号機は、セッティングの変化に、乗り心地が変わる感じがしない。弐号機に乗る時間が少ないので、特徴を把握し切れていないのかもしれないが、同じシリーズでも、別物に感じるのが、不思議。。。。。。

回転系は、ホイールを除き、パーツは殆ど同じパーツを使っているので、差が出るのはフレームに起因と推測しているのだが、フレームに関する製造詳細が判らないので、乗り心地で比べるしかない。

弐号機の乗り心地が悪いというより、大味な感じがするという事かな??それとも、フレーム毎に当たり外れみたいなものが、あるのだろうか??マスプロメーカーの品質管理からすると、明らかな違いが発生するとも考えにくいのだが・・・・。

もう一台、グランヴェロのフレームだけ、入手出来れば、検証できるのだが・・・・。(参号機の予定はなし)

初号機の走行距離もあと少しで800㎞。毎日乗っても楽しいマシンである。

忘年会1回目 [雑感]

昨夜は、今年初の忘年会
昔の仕事仲間4名での会食&呑み&カラオケで大いに盛り上がる。

今年は、あと4回ほどのお座敷があるが、今一つ、仕事の為の呑み会になっている感が否めない。まあ、遊び呆けていても仕方ないのだが、酒の席には、仕事は持ち込みたくない主義。

しんどいなぁ~~~~~。(苦笑)


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。