So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

仕事納め [雑感]

2015年の仕事納め。
感慨深い思いと、やり残した事への悔いの念が入り混じる。
難しい一年を乗り切ったという充足感もあるが、それ以上に、更に混沌となる2016年への不安が大きい。

割り切って、考えも新たにという、単純な発想で乗り切れるものではないが、故郷に帰省し新年を迎えながら、気持ちを切り替えるしかあるまい。

2014年より変動の波が徐々に大きさを増し、それをどう乗り切るかを、試行錯誤しつつ、頑張ってきたのだが、2016年は、過去経験したことのない変動が待ち受けているかもしれない。斯様に、慎重になるのはやむを得ないが、シンドイものであ~る。こんな、真摯な気持ちで迎える年末&仕事納めは、初めて。

周辺諸国との摩擦が、限界を超えることになるのか?
為替変動が、予期せぬ方向へ向かうのか?
現在温めている幾つかの案件の成否は?

考えれば、限の無い話であるが、これも宿命であろう。

出来れば、諸外国とはギリギリの外交戦、経済戦争にとどめ、軍事力を使わぬ解決を最後まで諦めずに努力して欲しい。過去の大戦の発端は、国家経済の窮乏が要因となっているケースが多い。経済の悪化に伴い、人民の不満が、全体主義に変貌し、結果、捌け口としての軍事衝突やら、侵略へと発展した。

多様化した価値観、言論の自由、宗教の自由が、認められている、こんなに緩い状態=今は、当に平和なのである。しかしこれ以上、経済が疲弊し、国民の多くが窮乏生活に突入→不平不満が高まる→国家維持の為に、抑圧政策→更に不満が蓄積→諸外国との軋轢が切っ掛けとなり紛争へと発展となりかねない。

リーマンショック後の亜米利加、バブル崩壊後、大災害に見舞われた日本、共に、経済の立て直しを地道に内外共に努力してきたのだが、多くの資源国家は、急成長する中国市場に、資源を注ぎ込み、バブルを膨張させるに過ぎなかった。資本主義の暗黒面を理解せず、シナ人は、中華主義を暴走させ、多くの国々を巻き込みながら、大きな岐路を迎えてしまった。シナに限らず、暴発の火種は、露西亜にも存在するし、中東を起点とし、欧州にも存在している。

軍備増強なんぞは、平和な時代には、日蔭者扱いなのに、今や、火種を抱える国々は、揃って軍備拡張を行い、疑心暗鬼状態に突入しつつある。既に、シリアでは、各国が入り乱れ、軍事作戦を開始しており、大戦前夜なのかもしれない。

世界が自律的に落ち着きを取り戻すのは、容易ではないだろう。2016年、明るい一年になればと願わずにはいられないが、色々なシナリオをベースに生き抜く道を模索しておかなければ、大変な事になるのではなかろうかと、思うのは考え過ぎだろうか??


あまり考え過ぎるのは、年末に相応しくないので、早いところ、仕事納めして、帰省し、実家の包丁でも砥ごうっと。(笑)




ホイール交換(2回目) [自転車]

現在、700cのホイール3セット保有。

1.アラヤ製リム&シマノ製ハブ&パナ製クリンチャータイヤ(28)
2.MAVIC製リム(GL330)&シマノ製DURAACEハブ&チューブラータイヤ
3.MAVIC製リム&シマノ製ハブ&クリンチャータイヤ(23)

乗り心地順位 1.>2.>3.
スピード順位 3.>2.>1.
安全性順位  1.>2.>3.


先月より、初号機で2セット(2,3)を約10日間づつ使用し、再度1.に戻した。28は、太いが乗り心地と走行安定性は良好。通勤時使用には、一番適切かも知れない。細いタイヤは、スピードは出るが、怖い。高速でカーブを曲がる時とか、段差を乗り越える時など、ヒヤッとする。

重いのが難点だが、空気圧を高めに入れれば、接地抵抗は減るので、暫く1.で乗ろうかと思う。濡れた路面や、路面凍結でも、多少踏ん張りがきくタイヤの方が、良いだろう。多少、高速域を犠牲にしても、大した問題ではない。転倒すれば、身体と、車両共に、ダメージが大きい。安全第一である。

一年間で通勤&土日乗車した距離は、約1900㎞。(メーター積算外を含めると約2000㎞)
3セット共に、一度もパンク無し。3.のセットのみ、タイヤにひび割れが多数出始めたので、1~2月頃には、タイヤ交換時期を迎えそう。

来年は、3000㎞走行目標かなぁ~~~~~。

初ツーリング [自転車]

考査中の息子が、突然、考査終わったら、箱根までツーリングに行ってくると宣言。
遂に、ツーリングに行くことを決意したらしい。

家内と相談し、送り出すことにしたのだが、タイヤ交換もしたこと無いママチャリ小僧が、いきなり200㎞のツーリングに行くって、大丈夫かぁ??学生時代に、達成感のあることをするのは有意義ではあるが、やや無謀な気もする。

60~70kmツーリング経験のある友人と行くらしいので、その点は少し安心であるが、足手まといにならないかが心配。20~30km走行しか経験の無い初心者同然が、いきなり200kmって・・・・・。

まあ、やらせてみるしかあるまいと、こちらも腹決めし、支度に掛かる。

携帯ポンプ、パンク修理キット、輪行袋一式、簡易荷台、スペアチューブを大慌てで、アマゾンで購入。
携帯工具は、工具箱の中から、使えそうなものを拾い出し、纏めおく。
ヘルメットは、家内がプレゼントするというので、それは、お任せ。
衣服類は、本人にあるもので工夫するようアドバイス。(とんでもない準備しそうで頭が痛い)


まあ、一通り、200kmのツーリングで必要なアイテムは補充出来たが、輪行袋に自転車を入れること出来るのかね??事前の練習しとかないと、友人の足手まといになるのは、必至。大丈夫かなぁ~~~??

初号機の方が、800km走行し、不具合もないし、安心なのだが、本人は弐号機で行きたいと云い張るので、再メンテし、不具合が出ないように点検しなければならない。(それも、自分で出来る様にしないと駄目なんだよ)

他人事じゃないんだから、自分で考えさせないといけないのだが、こちとらも、200kmツーリングなんぞ経験ないので、適切なアドバイスが出来ない。一度、経験して、痛い目に遇わないと覚えないだろうから、どんな準備をするのか、観察してみようと思う。(必要小物は、買い与えるしかないが・・・・・。)


親馬鹿を発揮し過ぎ、子供の考えようとする折角の機会を奪わぬように、気を付けつつ、アドバイスするのはなかなか面倒。口出しする程度やら、事前練習のコツを上手く伝えなくてはならない。(自分の頃は、本を読んだり、人に聞いたりしたものだが、そういった機会が、最近の子供には少ないのが、やや気の毒ではある。)

まあ、昭和世代で、200kmツーリングしている世代は腐るほどいただろうけど。月刊雑誌を読み漁り、工夫に工夫を重ね、挑戦していたのだろうと思うが、今時のゲーム世代は、自転車に乗れば、200km行って帰ってこれるものだと甘い認識なのであ~~~~る。

顛末)
土曜日に、息子から、当日(=日曜日)は一日中、雨だから、中止だよ~~~。と、云われ、茫然。。。。。
まあ、寒い雨の中、ロングツーリングなんぞ、行くべきではないので、中止止むを得ずだが、あれこれ、支度したのが、無駄。。。。。。(苦笑)


自転車通勤 [自転車]

今朝は、凄い風が吹く中、初号機で通勤。
橋を3か所ほど、渡るルートなのだが、橋の上で、初号機が風に煽られ、ふらついて、少し怖かった。

走り初めは、寒いので、手とか耳とか、ジンジンして、やっぱり電車にすれば良かったかなと思うのだが、少し経つと、体も暖まって、寒さの中でも快適。ただし、風に煽られるのは、細身のタイヤで走行中は怖い。

昨日、初号機のタイヤの空気圧を高めたので、接地面積が減り、軽快感は増したが、安定性は落ちた感じ。路面の凹凸が、もろにハンドルとサドルに伝わるので、硬い乗り心地へと変化。

初号機は、少しのセッティングの変化で、乗り心地が変わるので、面白い。好みでは、初号機>弐号機と云う感じ。同じグランヴェロシリーズだが、製造年が数年違うだけなのに、マシンの乗り心地は、だいぶ異なる。
初号機が、少しの調整でも、乗り心地が変化するのに比べ、弐号機は、セッティングの変化に、乗り心地が変わる感じがしない。弐号機に乗る時間が少ないので、特徴を把握し切れていないのかもしれないが、同じシリーズでも、別物に感じるのが、不思議。。。。。。

回転系は、ホイールを除き、パーツは殆ど同じパーツを使っているので、差が出るのはフレームに起因と推測しているのだが、フレームに関する製造詳細が判らないので、乗り心地で比べるしかない。

弐号機の乗り心地が悪いというより、大味な感じがするという事かな??それとも、フレーム毎に当たり外れみたいなものが、あるのだろうか??マスプロメーカーの品質管理からすると、明らかな違いが発生するとも考えにくいのだが・・・・。

もう一台、グランヴェロのフレームだけ、入手出来れば、検証できるのだが・・・・。(参号機の予定はなし)

初号機の走行距離もあと少しで800㎞。毎日乗っても楽しいマシンである。

忘年会1回目 [雑感]

昨夜は、今年初の忘年会
昔の仕事仲間4名での会食&呑み&カラオケで大いに盛り上がる。

今年は、あと4回ほどのお座敷があるが、今一つ、仕事の為の呑み会になっている感が否めない。まあ、遊び呆けていても仕方ないのだが、酒の席には、仕事は持ち込みたくない主義。

しんどいなぁ~~~~~。(苦笑)


嫌ぁ~~~~な予感 [雑感]

仏テロに続き、土耳古による露機撃墜、その後、緊張状態継続。

斯様な状態の中、日経平均は2万円を超すだの、訳の分からない状態。

なんだか、嫌ぁ~~~~な予感しかしない。

シナからは、日本企業が続々と撤退しており、先週は、日清食品が、現地投資先との資本解消。インスタントラーメンなんぞ、如何に衰えたシナと云えども、あれだけの人数が購入したら儲かる筈なのに、事実上の撤退。PM2.5の数値が600とも1000とも言われており、そんなところで、金儲けする輩は流石にいないか??(苦笑)

土耳古が撃墜した露機の一件も、昔だったら、ドンパチ始まってても不思議ではない事件。露西亜は、金欠状態で、大掛かりな喧嘩出来ない様子。亜米利加様をバックにしているNATOを敵に回して、全面的なドンパチなんぞ出来る体力は恐らく無い。その欧州各国は、独逸のアホ首相の難民受入れ推奨により、ガタガタ。予想通り、一部に難民受け入れ制限が始まった様子。

2016年は、更に不安定な状態へと移行しそうな予感。


複雑怪奇に絡まった世界経済が、このまま世界恐慌突入ともなれば、先ずは、保護主義的な経済政策が横行し、それでも行き詰った国から、暴走開始するであろう。。。。。。。WW2の頃とは異なり、インターネットが発達しているので、貧しかろうが、豊かであろうが、様々な情報が、世界を駆け巡るのである。その為、更にややこしい話になってしまう。簡単には開戦出来なくなったし、正義が無ければ、軍を動かす事が出来ないのだ。

テロリスト側は、有り余る情報から、テロがやり易くなっており、それが、余計に事態を混沌とさせてしまう。しかも、現時点では単なる難民なのに、受入先での迫害やら、経済的自立が出来ず、格差を受け入れられず、数年先に、テロリストに変貌する可能性の高い難民若者は幾らでもいるだろう。安易に国境を解放したEUに、今後当分の間は、安全な朝は来ない。国家間の紛争だけなら、勝敗は必ず決するが、テロリストが絡むと、終わりなき戦いになってしまう。国家間の利益のみならず、宗教、教育、文化の問題を明確にしないまま、気の毒だからとか、可哀そうだからと云う安易な人道的見地から、パンドラの箱を開けてしまった感がする。

どんなに空爆回数を増やしても、どんな高価な弾薬の雨を降らそうとも、テロとの戦いは際限がない。父親、母親、親族を殺された子供は、何年後かに、憎しみしか持ち合わさないテロリストと化すので、テロが終焉を迎えることは無い。高価な武器弾薬、兵士を投入し、高額な戦費を弁済してくれる相手国も無い戦いなのだ。
やる側もやられる側も、徒労な戦いの幕は切って落とされたのだ。

全世界が、国境を解放したら、国家経済が成立しなくなる。よって、国家と云う線引きは、経済が成立している限りなくならない筈。人道主義も大事だが、安易に国家という枠を解放することは、大きな混乱を招くしかない。軽軽な人道主義に対しては、賛同しかねる。

さてさて、2016年、どうなるんですかねぇ~~~?????




お伊勢参り [自転車]

息子が、高校の自転車仲間と、冬休み伊勢神宮まで、自転車で行きたいと言い出した。(驚)

親馬鹿かもしれないが、片道およそ400㎞近くのロングツーリング、本当に漕げるのか??メットは??着替えはどうするの??寝泊まりは??色々と心配なのだが、行くのだったら、応援してみようかと思っている。

バイクは、700㎞走行しても、今のところ不都合無しの初号機を推薦。弐号機は、チューブラーだし、組み上げてから50㎞も走行していないので、万が一、マシントラブル発生すると、折角の旅も台無しとなってしまうので、初号機で行った方が安心。

心配は尽きない。寝袋はどうするのか??どこで寝泊まりするのか??食費は??当の本人よりも、心配事が多い。(苦笑)親馬鹿だなぁ~~~~。

まあ、考えてみれば、ヘラヘラとネズミ―ランドに行ったり、訳の分からんコンサートに夢中になるよりも健全である。いつかは、親の知らないところで、色々な局面に遭遇しなけりゃならないのだから、片道400㎞程度の自転車の旅くらい、走破出来なくてどうする。でも、事故は心配だし、、、、、、あ~~~~どうすりゃいいの???

行くのであれば、それ相応に、準備してやらなきゃならんし、1日2日で、準備出来る訳でもない。

あ~~~~困った。(笑)


手砥ぎの成果 [刃物]

熊本に嫁いでいる姪っ子(=長姉の長女)より、切れない包丁を預かり、ギンギンに砥ぎ直して、返送。宅急便代金を支払わせるのは忍びないので、片道宅急便代と紅茶を足して、返送。

近所でも、砥ぎ屋は幾らでもいるだろうに・・・・・。何回かの宅急便代金で新しい包丁買えるぞ!(苦笑)

素朴な疑問で、長姉に、わざわざ運賃掛けて、送付せずとも、近所の砥ぎ屋に出しても良いんじゃないのとアドバイスしたところ、800円~1000円で砥ぎ屋に出しても、愚弟の砥いだ包丁の方が、長切れするから結局は得なのよとの回答あり。

確かに、砥ぎマシンで本数こなす砥ぎ屋に出すと、直後は切れるが、直ぐに刃が丸くなるので、長切れしないのであろう。手砥ぎで、刃先、刃央、刃元と刃先の研ぎ角度を微妙に変えて、丁寧に刃付し、とっておきの刃の黒幕#10000を使って、仕上ると、通常使用なら、2~3カ月はそこそこ切れるのだ。(包丁を使う際、切るモノによって、刃の使い方が変わる。例=固い根菜を切る場合は、刃元を使う場合が多い、葉物は主に刃央を使用、肉などは、刃央から刃元)

砥ぎ初心者の頃は、刃先から刃元まで、なるべく同じ角度で刃付していましたが、これだと、場所によって刃毀れが多く、長切れしないので、今のスタイルに変化。結果オーライの様です。


厄介なのは、雑な砥ぎ屋や、ド素人が砥いで、刃の角度を滅茶苦茶にされるのが、一番手間が掛かって、面倒。研ぎ癖が付いたら、刃毀れしていない限り、切れ味を賦活させるのは、訳の無い作業なのだ。しかも、減りが少ないので、包丁の寿命も延びる。

我が家のエースの包丁は、完璧に砥いであるので、異常な切れ味。うっかりすると、爪までスパッと落ちてしまう。そのかわり、全く力を入れずとも、切り口が鋭利なまま、組織を破壊せずカットできるのだぁ。しかも、2カ月くらいは、その切れ味を維持。(笑)

長姉と姪っ子という、仕事の判る顧客が出来て、ちょびっと嬉しい限りであ~~~~~る。




パリ~~~ン [雑感]

欧州での大規模テロ発生を、ニュースで観つつ、こりゃ面倒な事態になったものだと、実感。

ISISだか、なんだか知らないが、一度のテロ行為で、殺傷し過ぎである。
何の罪もない仏蘭西一般市民を殺傷するのは、勿論許されるべき行為ではないが、一度のテロで無駄に殺し過ぎ。結果として、仏蘭西世論は、怒り狂い、ISに向け爆撃を強化するだけ。その結果、難民が更に増加するのだ。

テロのやり方に問題。成るべく、人を殺さずに、面倒な事態を次々と引き起こし、徐々に暗~~~いムードを創り上げ、空爆に関する罪悪感を植え付けるべきなのに、思い切り殺してどうする??相手は、凹むどころか、ISISを根絶やしにするまで、止めようとしないだろう。(仏蘭西は、昔から戦争大好き国家なのだ。)ISってアホだろ。

しかも、難民にも悪影響しか及ぼさない。何人かは、テロリストが混ざっているだろうが、戦火で住めなくなった故郷を追われ、新天地に辿り着いた亡命者の多くにも、冷たい視線が浴びせられ、間違いなく迫害されることになろう。

そりゃ、テロ大成功すれば、ISISは、嬉しいだろうが、今回のテロの様にやり過ぎると、10倍20倍100倍になって報復されるのがオチなのだ。テロをやればやるだけ、ISIS=完全悪人となり、宗教間、人種間の溝は更に深くなるだけなのだ。


仮に、水面下で資金援助していると云われるイスラム諸国が、ISISを容認し、国家建設する方向になったとしても、キリスト教国家では受け入れられず、犯罪集団のままなのだ。その結果、ISIS占領地の無実のイスラム教徒は、住むところを追われ、放浪するしかない。現時点では、独逸のババアが、受け入れると明言したため、厳しい冬の今でも、EU目掛け、難民が押し寄せているが、今回のテロにより、EU諸国では、反イスラム思想が芽生え、国境は間もなく閉ざされてしまうだろう。(単なる難民問題から宗教戦争的要素まで加わることになる)当に、カオス状態突入。


お互いの理屈が噛みあわないまま、ISIS支配地域で生活出来なくなった難民が、流浪先で、更に苦労するという図式が、新たに生じようとしている。

国家という線引きが、崩壊すると、この様な悲惨な憂き目に遭うのである。では、シリアの国家崩壊を助長し難民を生んだのは、誰か??旧西側諸国(亜米利加、英吉利、仏蘭西)と、旧東側諸国(=露西亜)が、それぞれの思惑で介入したからに違いない。正義を振りかざしたつもりの旧西側諸国に、ISISは噛みついたのである。それぞれの思惑が、全く違う方向で噛みあわぬまま、落としどころが見えない事態に発展中なのである。カオスっ!!

こんな時は、大多数の理屈で、結論付けるしかないのだが、それすら、今のところ、船頭が多過ぎて、方向性が見えない。殺し合ったところで、当面の問題解決にはならず、深刻な事態が次から次へと生じるであろう。日本は、位置的にかなり遠いので、この問題がどれくらい深刻か実感できていない。(他人事である。)

エスカレートせずに、終息する手立てが無いものか??それとも、EU&中東発の世界大戦へと拡大するのか??いやぁ~~~~な展開を迎えたものであ~~~~~~る。こりゃ、2016年も荒れるな。(苦笑)

ホイール交換 [自転車]

自転車師匠より、息子に頂いたスペシャライズドの前後ホイールと壱号機の其れを交換しました。初号機(=グランヴェロ)のRホイールは、巾126㎜で7段ギア。スペシャライズドは、130㎜で8段ギアなのですが、師匠の云う通り、スポッと苦も無く、初号機のリアに収まりました。

ブレーキの利きを調整し、恐る恐る試乗してみると、なかなか快適。MAVICのOPENPROのクリンチャー仕様、タイヤはビットリアの23c。ハブは、シマノのアルテグラ。軽やかに回転します。

初号機のホイールは、28CのタイヤにARAYAのリム、ハブは、RX100というオールド仕様。メンテはバッチリですが、如何せん重い。MAVICのホイールは、乗り手の不在状態のスペシャライズドに付けっぱなしも、勿体無いので、交換という具合。

接地面積の抵抗減少と、ホイール軽量分だけ、速度は向上した感じ。軽く漕いでも、36㎞/h程度に直ぐに到達。重~~い感じがしていた初号機も、少し身軽になった感じです。

28c→23cという細いタイヤの乗り心地は、あまり良くありませんが、これは、これでGOODです。(少し怖い気もする)
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。