So-net無料ブログ作成
検索選択

仕事納め [雑感]

2015年の仕事納め。
感慨深い思いと、やり残した事への悔いの念が入り混じる。
難しい一年を乗り切ったという充足感もあるが、それ以上に、更に混沌となる2016年への不安が大きい。

割り切って、考えも新たにという、単純な発想で乗り切れるものではないが、故郷に帰省し新年を迎えながら、気持ちを切り替えるしかあるまい。

2014年より変動の波が徐々に大きさを増し、それをどう乗り切るかを、試行錯誤しつつ、頑張ってきたのだが、2016年は、過去経験したことのない変動が待ち受けているかもしれない。斯様に、慎重になるのはやむを得ないが、シンドイものであ~る。こんな、真摯な気持ちで迎える年末&仕事納めは、初めて。

周辺諸国との摩擦が、限界を超えることになるのか?
為替変動が、予期せぬ方向へ向かうのか?
現在温めている幾つかの案件の成否は?

考えれば、限の無い話であるが、これも宿命であろう。

出来れば、諸外国とはギリギリの外交戦、経済戦争にとどめ、軍事力を使わぬ解決を最後まで諦めずに努力して欲しい。過去の大戦の発端は、国家経済の窮乏が要因となっているケースが多い。経済の悪化に伴い、人民の不満が、全体主義に変貌し、結果、捌け口としての軍事衝突やら、侵略へと発展した。

多様化した価値観、言論の自由、宗教の自由が、認められている、こんなに緩い状態=今は、当に平和なのである。しかしこれ以上、経済が疲弊し、国民の多くが窮乏生活に突入→不平不満が高まる→国家維持の為に、抑圧政策→更に不満が蓄積→諸外国との軋轢が切っ掛けとなり紛争へと発展となりかねない。

リーマンショック後の亜米利加、バブル崩壊後、大災害に見舞われた日本、共に、経済の立て直しを地道に内外共に努力してきたのだが、多くの資源国家は、急成長する中国市場に、資源を注ぎ込み、バブルを膨張させるに過ぎなかった。資本主義の暗黒面を理解せず、シナ人は、中華主義を暴走させ、多くの国々を巻き込みながら、大きな岐路を迎えてしまった。シナに限らず、暴発の火種は、露西亜にも存在するし、中東を起点とし、欧州にも存在している。

軍備増強なんぞは、平和な時代には、日蔭者扱いなのに、今や、火種を抱える国々は、揃って軍備拡張を行い、疑心暗鬼状態に突入しつつある。既に、シリアでは、各国が入り乱れ、軍事作戦を開始しており、大戦前夜なのかもしれない。

世界が自律的に落ち着きを取り戻すのは、容易ではないだろう。2016年、明るい一年になればと願わずにはいられないが、色々なシナリオをベースに生き抜く道を模索しておかなければ、大変な事になるのではなかろうかと、思うのは考え過ぎだろうか??


あまり考え過ぎるのは、年末に相応しくないので、早いところ、仕事納めして、帰省し、実家の包丁でも砥ごうっと。(笑)




忘年会1回目 [雑感]

昨夜は、今年初の忘年会
昔の仕事仲間4名での会食&呑み&カラオケで大いに盛り上がる。

今年は、あと4回ほどのお座敷があるが、今一つ、仕事の為の呑み会になっている感が否めない。まあ、遊び呆けていても仕方ないのだが、酒の席には、仕事は持ち込みたくない主義。

しんどいなぁ~~~~~。(苦笑)


嫌ぁ~~~~な予感 [雑感]

仏テロに続き、土耳古による露機撃墜、その後、緊張状態継続。

斯様な状態の中、日経平均は2万円を超すだの、訳の分からない状態。

なんだか、嫌ぁ~~~~な予感しかしない。

シナからは、日本企業が続々と撤退しており、先週は、日清食品が、現地投資先との資本解消。インスタントラーメンなんぞ、如何に衰えたシナと云えども、あれだけの人数が購入したら儲かる筈なのに、事実上の撤退。PM2.5の数値が600とも1000とも言われており、そんなところで、金儲けする輩は流石にいないか??(苦笑)

土耳古が撃墜した露機の一件も、昔だったら、ドンパチ始まってても不思議ではない事件。露西亜は、金欠状態で、大掛かりな喧嘩出来ない様子。亜米利加様をバックにしているNATOを敵に回して、全面的なドンパチなんぞ出来る体力は恐らく無い。その欧州各国は、独逸のアホ首相の難民受入れ推奨により、ガタガタ。予想通り、一部に難民受け入れ制限が始まった様子。

2016年は、更に不安定な状態へと移行しそうな予感。


複雑怪奇に絡まった世界経済が、このまま世界恐慌突入ともなれば、先ずは、保護主義的な経済政策が横行し、それでも行き詰った国から、暴走開始するであろう。。。。。。。WW2の頃とは異なり、インターネットが発達しているので、貧しかろうが、豊かであろうが、様々な情報が、世界を駆け巡るのである。その為、更にややこしい話になってしまう。簡単には開戦出来なくなったし、正義が無ければ、軍を動かす事が出来ないのだ。

テロリスト側は、有り余る情報から、テロがやり易くなっており、それが、余計に事態を混沌とさせてしまう。しかも、現時点では単なる難民なのに、受入先での迫害やら、経済的自立が出来ず、格差を受け入れられず、数年先に、テロリストに変貌する可能性の高い難民若者は幾らでもいるだろう。安易に国境を解放したEUに、今後当分の間は、安全な朝は来ない。国家間の紛争だけなら、勝敗は必ず決するが、テロリストが絡むと、終わりなき戦いになってしまう。国家間の利益のみならず、宗教、教育、文化の問題を明確にしないまま、気の毒だからとか、可哀そうだからと云う安易な人道的見地から、パンドラの箱を開けてしまった感がする。

どんなに空爆回数を増やしても、どんな高価な弾薬の雨を降らそうとも、テロとの戦いは際限がない。父親、母親、親族を殺された子供は、何年後かに、憎しみしか持ち合わさないテロリストと化すので、テロが終焉を迎えることは無い。高価な武器弾薬、兵士を投入し、高額な戦費を弁済してくれる相手国も無い戦いなのだ。
やる側もやられる側も、徒労な戦いの幕は切って落とされたのだ。

全世界が、国境を解放したら、国家経済が成立しなくなる。よって、国家と云う線引きは、経済が成立している限りなくならない筈。人道主義も大事だが、安易に国家という枠を解放することは、大きな混乱を招くしかない。軽軽な人道主義に対しては、賛同しかねる。

さてさて、2016年、どうなるんですかねぇ~~~?????




パリ~~~ン [雑感]

欧州での大規模テロ発生を、ニュースで観つつ、こりゃ面倒な事態になったものだと、実感。

ISISだか、なんだか知らないが、一度のテロ行為で、殺傷し過ぎである。
何の罪もない仏蘭西一般市民を殺傷するのは、勿論許されるべき行為ではないが、一度のテロで無駄に殺し過ぎ。結果として、仏蘭西世論は、怒り狂い、ISに向け爆撃を強化するだけ。その結果、難民が更に増加するのだ。

テロのやり方に問題。成るべく、人を殺さずに、面倒な事態を次々と引き起こし、徐々に暗~~~いムードを創り上げ、空爆に関する罪悪感を植え付けるべきなのに、思い切り殺してどうする??相手は、凹むどころか、ISISを根絶やしにするまで、止めようとしないだろう。(仏蘭西は、昔から戦争大好き国家なのだ。)ISってアホだろ。

しかも、難民にも悪影響しか及ぼさない。何人かは、テロリストが混ざっているだろうが、戦火で住めなくなった故郷を追われ、新天地に辿り着いた亡命者の多くにも、冷たい視線が浴びせられ、間違いなく迫害されることになろう。

そりゃ、テロ大成功すれば、ISISは、嬉しいだろうが、今回のテロの様にやり過ぎると、10倍20倍100倍になって報復されるのがオチなのだ。テロをやればやるだけ、ISIS=完全悪人となり、宗教間、人種間の溝は更に深くなるだけなのだ。


仮に、水面下で資金援助していると云われるイスラム諸国が、ISISを容認し、国家建設する方向になったとしても、キリスト教国家では受け入れられず、犯罪集団のままなのだ。その結果、ISIS占領地の無実のイスラム教徒は、住むところを追われ、放浪するしかない。現時点では、独逸のババアが、受け入れると明言したため、厳しい冬の今でも、EU目掛け、難民が押し寄せているが、今回のテロにより、EU諸国では、反イスラム思想が芽生え、国境は間もなく閉ざされてしまうだろう。(単なる難民問題から宗教戦争的要素まで加わることになる)当に、カオス状態突入。


お互いの理屈が噛みあわないまま、ISIS支配地域で生活出来なくなった難民が、流浪先で、更に苦労するという図式が、新たに生じようとしている。

国家という線引きが、崩壊すると、この様な悲惨な憂き目に遭うのである。では、シリアの国家崩壊を助長し難民を生んだのは、誰か??旧西側諸国(亜米利加、英吉利、仏蘭西)と、旧東側諸国(=露西亜)が、それぞれの思惑で介入したからに違いない。正義を振りかざしたつもりの旧西側諸国に、ISISは噛みついたのである。それぞれの思惑が、全く違う方向で噛みあわぬまま、落としどころが見えない事態に発展中なのである。カオスっ!!

こんな時は、大多数の理屈で、結論付けるしかないのだが、それすら、今のところ、船頭が多過ぎて、方向性が見えない。殺し合ったところで、当面の問題解決にはならず、深刻な事態が次から次へと生じるであろう。日本は、位置的にかなり遠いので、この問題がどれくらい深刻か実感できていない。(他人事である。)

エスカレートせずに、終息する手立てが無いものか??それとも、EU&中東発の世界大戦へと拡大するのか??いやぁ~~~~な展開を迎えたものであ~~~~~~る。こりゃ、2016年も荒れるな。(苦笑)

あと2か月で今年も終わり [雑感]

あと2か月で2016年って、月日が経つのはなんと早きものよ。

1月から始めた自転車通勤も、あと2カ月で1年皆勤賞。DAHON号で約1100㎞と初号機現在、約600㎞なので、2か月頑張ると、2000㎞走行した勘定になる。なかなか、頑張った。


仕事の方は、2014年から開始した国内生産プロジェクトが、やっと、採算ベースに乗りつつある。もうひと頑張りしなきゃならんが、最悪の期間は脱したようである。諦めずに、頑張ってきて良かったぁ~~~~~。

自転車通勤は、これより寒さ厳しくなり、辛い時期に突入するが、怠けぬよう頑張ろう。
ダイエットも目標に入れていたのだが、体重は、筋肉が増えてきたので、横ばい。2014年の状態より、かなり引き締まったが、体重は然程減らない。

2016年度は、2015年=2000㎞の2倍=4000㎞走破を目標にしてみようか??出来るかな??頑張って、挑戦してみよう!!!






シナVS亜米利加 [雑感]

昨日より、シナが領海主張する南沙諸島の12海里(=22㎞)以内への亜米利加艦船の単騎航行の報せが、マスコミ各社で報じられている。

先ずは、亜米利加の艦船(=イージス駆逐艦=ラッセン)の乗務員に、畏敬の念を感じざるを得ない。シナの人工島と云えども、既に武装化されつつあり、ミサイルやら長距離砲での軍事拠点化されているところに、22㎞以内=完全な射程圏内に単騎駆けするって、すげぇ~~~~~~事だ。

人工島からの集中砲火でも浴びた日には、間違いなく轟沈されるのを承知で、アメリカ海軍の精鋭は、単騎堂々と乗り込んでいくのだ。常人なら、ビビッて、座りしょんべんするところ。ヤンキーすげえぜ。

USA! USA! USA!

ビビりまくったのは屁垂れシナ。日本の艦船には、ふざけてレーダー照射までしやがった癖に、マジ切れしているヤンキーの戦闘艦には、外交筋からの弱弱しい抗議のみ。(それに引き替え、日本は、思い切り舐められたものだ)

豪州、インドネシア、ベトナムフィリピン周辺国は、この話題に釘付け状態。当然、シナ人もこの件は耳に入りつつある筈。狂産党の誤魔化し報道で、何とか出来るものではない。

ヤンキーの凄いところは、1回の侵入では終わらせず、2回目も再チャレンジするらしい。それでも、シナが生意気な事を言い続ければ、次は、2隻とか、船団で押し寄せるであろう。そこまでされて、具体的な対抗措置を打ち出さなければ、シナ凶産党の面子丸潰れ&国内に宣伝しまくってた、大国になったという幻影は急速に否定される。

ど~~~か、シナ海軍も、ヤンキー艦船へ2~3発ぶっ放し、シナ人の存在感を示して欲しいものであ~~~る。ラッセンが被弾でもした日にゃ、シナ海軍は、相当の覚悟する羽目になる。怒りのヤンキーの怖さを思い知ることになるだろう。。。。。。。


日本も、折角、戦勝国になれるチャンスをみすみす見過ごさぬよう、海空軍の諸氏は、新しき下着を身に着け、その時に備えて欲しいものである。(新しい下着で戦闘に出る=死を覚悟する事)

勇猛果敢に、一人当たりシナ兵50人程度ぶっ殺せば、数の劣勢は補える筈。(笑)一人二人殺しただけでは、犯罪者呼ばわりだが、敵兵を100人1000人ぶっ殺せば、英雄となるのが、戦争。左翼の能書きが通用するものではない。


自衛隊員諸氏も、ラッセン乗員の勇気と胆力を見習い、その時が来たら、躊躇わず、合法的殺人マシンと化して貰いたいものだ。因みに、ゲームじゃないので、リスタートとかは効かない。死ぬか生きるかである。死なない為には、相手を皆殺しにするしかない。(苦笑)


しか~~し、こんな時代が、戦後70年で、又も訪れるとは、誰しも予測していなかったに違いない。科学技術は発達しても、人間の本質は全く進歩していないのであ~~~~る。(苦笑)



追記

亜米利加海軍は、この先も、当分、シナの主張する海域での自由航行を継続する模様。日本にも、どうだい??一緒に、なんて感じで、内々のお誘いがあるらしい。キンペーは、これ以上周辺国からの突き上げが増えると、孤立してしまうことを恐れ、越南へも訪問し、甘言を囁こうとした模様。アホキンペーだなぁ~。

亜米利加は、やるとなったら、間違っていようが、未確認であろうが、トコトンやるのだ。フセインがぶっ殺されたときだって、化学兵器の存在をあると信じ、正義の名のもとに、へっぽこイラッキー共を殺戮しまくった。

正義と自由の名の下に、誰かが犠牲になった途端に、云い訳無用のシナ人殺戮作戦の幕開けであ~~~~る。シナ人が、ミサイルか、魚雷でもポッチとしてくれると・・・・。早くやってくれないものですかねぇ~。(笑)



何さっ(=南沙諸島) [雑感]

先週あたりに、亜米利加の大統領が、南沙諸島の12カイリ内に、亜米利加海軍艦船を派遣するという指示を出したらしい。南沙諸島12海里内は、シナの領海ではないという事を世界に示す為のものらしい。。。。

シナのキンペーは、呑気に英吉利訪問中で、バッキンガム宮殿に泊まらせて貰って、大喜び中。その最中に、南沙諸島12海里をアメ公の軍艦に我が物顔で行き来されたら、面子丸潰れ必至。

キンペーは、直ちにシナ海軍艦船を南沙諸島に派遣し、領海侵犯しようものなら、戦闘行為も辞さないと大見得を切りかえしたらしい。(←今ここらへん)


いやぁ~~~~、連度の低いシナ海軍が、先走って、ミサイルのボタンをポチッと押した日にゃ、亜米利加様対シナという戦闘状態に突入。経済面では、とっくに戦争状態真っ只中なんですがね。

亜米利加の盟友である英吉利が、金持ちシナ人にへいこらしている間隙をついての、陽動作戦とも言えなくはない。(笑)南沙領海12カイリ内を、何もせずに黙ってヤンキー軍艦が通り過ぎるのを見ていたら、キンペー大恥である。国内は、不平不満の圧力が高まっているので、キンペーの評価は駄々下がり。。。。。狂産党の権威失墜である。


そうなりたくなきゃ、レーダー照準をヤンキー旗艦にでも照射するなり、ミサイルボタン連打して欲しいものである。シナ人共、世界が見ている晴れ舞台だから、思い切り華々しく、やっちゃってぇ~~~~。(笑)


我が国としては、同盟国が公海にて、攻撃された場合、助太刀しなくてはならないという取決めしてあるだろうから、戦後70年、漸く、戦闘行為に参加出来る訳である。世界に自慢し続けた、対潜軍備やら、非核潜水艦の日ごろの訓練の成果を遺憾なく発揮し、同盟国の助っ人をきっちりと果たして欲しい。

まあ、夢想するような事態にはなり得ないと思うが、シナは、既に四面楚歌(露西亜と南チョンは別だが)状態で、万が一にも、馬鹿な行動には出るまい。そうなれば、シナ=狂産党は、亜米利加政策を更に対抗的な状態に置こうとするだろうし、面白すぎて、目が離せられないっ。

我が国としては、次期戦闘において、200%負ける方に付いてはならないのだっ。2度の大規模震災に見舞われ、数々の異常気象による激震災害に見舞われても、しぶとく、生き残ってきたのだから、赤字国債1000兆を発行しても、国際基軸通貨の一翼を担い、経済も維持しているのだから、間違ってもクダラナイ戦争の負け側になってはならない。これだけは言える様な気がする。


短パンは寒いでござる [雑感]

本日の出勤は、短パンTシャツウインドブレーカーという服装。

何故かと云うと、短パンで走行したら、どの位寒い??って疑問が湧いたから。(勿論、着替え一式は持参)

いやはや、年寄りの冷や水というか、50過ぎの年寄りの短パンでござったぁ~~~~。(苦笑)


兎に角、寒い。寒いので、暖まろうと、必死に漕ぐ→風圧が増す→体感温度下がる→思わずスピードを緩める→寒いという具合。10月過ぎてから、早朝の短パン出勤はNGであ~~~る。

あと4カ月で、自転車通勤12か月達成。(現在走行距離=1600㎞~1700㎞)初号機での走行は、500㎞程度。秋から冬にかけて、どんな服装で通勤しようか、真面目に考えないと、風邪をひきかねない。(1~6月までは、DAHON号だったので、着替えは持参せず。)

ひょんなことから開始した自転車通勤だが、減量健康維持、体力作り、銀座パトロール減少(=激減&無駄遣い削減)と、プラス要因がかなり多い。

だが、これから訪れる冬の寒さに抗って、通勤出来るかどうか、このところ、自信が無いのであ~~る。

シナの行方は?? [雑感]

勇ましい抗日70周年記念パレードも終わり、現実に直面するシナであ~~~る。
北京の青空を維持する為に、隣接する省の製造工場を全て休止措置させ、車の排ガス規制によって、北京周辺の道路はガラガラ。その間の生産性を犠牲にしてまで、面子を重視するシナ人と云うか、狂産党。
それやって、ど~~~するの??8月の輸出金額は、前年マイナスとなり、9月以降はその反動が出る筈だが、あまりにも安定性が欠如しているシナ経済状況により、取引先はリスクヘッジするところが増加。
天津の大爆発に懲りず、各地で小規模な爆発が散発的に続いており、単なる事故ではなく、水面下の政治闘争が表面化し始めたとも言われている。政情不安定なシナで安定的なビジネス構築に時間と経費を投入する外資はいない。

更なる、負のスパイラルに陥る可能背もあるのだ。狂産党は、経済音痴らしく、安ければ売れるだろうと、自国通貨の切り下げを更に進めるだろう。その結果、シナ向け原材料の価格は低迷し、資源国からは、安定した販売先を模索する状況が生まれる。元は、東洋のジンバブエと成り得る。

シナ人は、デフレ未経験者なので、裏目裏目の施策しか打てない。欧米&日本勢は、幼稚なシナの経済対策の間隙を突き、シナが抱えるドルを吸い上げようとしている。ドルが枯渇すれば、シナは、軍備増強などと云っておれなくなり、狂産党は、シナ土人を抑え込めなくなり、崩壊へと突き進むことになろう。

シナに、少しでも頭の切れる国粋主義者が残っていれば、既に一昨年頃から、経済戦争へと突入し、旗色の悪いのは理解している筈であるが、面子を重視するアホ狂産党幹部は、経済戦争にも勝利すべきと、無茶苦茶に、株価操作したり、自国通貨の価値をおとしめたりするので、経済戦争の戦局は更に悪化。

残されるのは、武力行使して、戦勝国となるしかないギリギリのところまで、追い込めれば、向こう少なくとも70年は、荒廃した国土と、飢えたシナ土人同士の内乱が続く、不毛な大地へと変貌し、膨大な負債を抱えることになろう。(そうなるところを是非見てみた~~い)

小生は、国粋主義者でもないし、右翼思想でもないのだが、兎に角、シナとチョン公と左翼は嫌い。過去、現地生産やら、原料売買やらで、様々な国の方々とビジネスをさせて頂いたが、ど~~~しても信用ならないのはシナとチョンである。一生懸命、お互いの為になればと努力しても報われない相手なのだ。シナは平気でバレル嘘をつき、その場限りの云い訳に終始し、最終的には、侵略戦争の話を持ち出し、現実逃避しやがる。

個人的な付き合いであれば、同じ人間同士、分かり合えそうなものであるが、彼等には、相手を受け入れ、対等に付き合おうという努力は無く、相手を服従させようとしか考えていないのである。その様な、民族と理解し合い、創造的な関係を構築するというのは無駄な努力&時間の無駄である。彼等には、たった10年程度で、酷く荒廃させた国土を清浄化していくという、気の遠くなるような作業が待っている筈なので、せいぜい専念して貰うしかない。

暫くは、アホシナは、良い事尽くめのハッタリをかませ続けるだろうが、先進国のハイエナどもは、誰も信じちゃいないのだよ。(爆)


つくづく中華思想という奴には、付き合い切れないという感じなのであ~~~~~る。





溶ける上海 [雑感]

天津の爆発事故から、約2週間経過。
上海というか、シナ株式市場が、▲9%、▲6%と溶け始めた。3500を死守(?)する為に、もの凄い資金で買い支えが行われたらしいが、世界のファンドの猛者達(=禿鷹)からすれば、一獲千金の好機、下げが止まらない。余波を受けた、東京市場、NY、ロンドンも大下げしたものの、シナ市場から比べたら、然程の痛みではない。例えば、東京市場の20000円を買い支える為に、政府系ファンドが資金投入もしていないし、市場の流れに任せたままの状態だから、1000~2000円下げたとしても、回復力がある。株価は、企業業績の先行指数なのだ。アホシナより搾取しまくった膨大な資金が、何処に流入するのか???東京株式??円??ドル??いずれにせよ、その資金の大半は、シナ人から搾り取った甘~~~い果実であることは間違いない。(笑)

下げ続けるシナ市場に今後起こり得ることは、
1.企業の信用収縮及び、資金力の無い銀行の破綻
2.資金の流動化が減衰
3.生産力過多であるシナ輸出企業の倒産

これ等が、延々と継続するのであ~~~る。
その後、シナ通貨元のレートが大幅に下がり、価値を失う。この辺りまで、半年から1年程度か??

元の為替レートが、5~10円/元となった場合、シナは、生産する為の輸入原材料の調達が困難を極めるであろう。人件費は、幾らかは下がるであろうが、人民の手取りが減れば、社会の安定基盤にヒビが入りかねない。輸入食料価格は、暴騰し、庶民は、飢える。

庶民の飢餓は、ストレートに狂産党政権への不満となって、デモやら、テロ行為へと発展していくであろう。

こうなったら、シナも大混乱状態。
これまでの様な、横柄な態度をとることは叶わず、内乱状態=カオス状態に突入するのだ。

抗日70年記念の国威高揚などと、シナ土人の目を、現実から背けようとしても、無駄である。

さてさて、どうなることやら、楽しみであ~~~~る。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。