So-net無料ブログ作成

限界 [釣り]

愉しみにしていた土曜日は、深夜01:30に出発予定だった。

なのに、金曜日の16:50から深夜0時まで、得意先との呑み。帰宅は、0時半。
それから、釣りの支度をし、準備出来たのが、01時。寝たとしても、30分しかないので、仕方なく、迎えを待つことに・・・・。


01:30に予定通り、迎えが来て、館山に向け出発。現地到着は、03時。この時点では、全く眠くありませんでした。04:30出港。釣り場までは、約15分くらい。

船頭が、「はい~、はじめてぇ~~」の合図とともに、釣り開始。バコバコ釣れる。エサも付けずに、仕掛けを下すだけで、アジが、2~3匹づつまとめて針にかかる。テンションMAXでここぞとばかりに、釣りまくる。約1時間半。空が白んでくると共に、アジの食い付が鈍くなり、イサキへと釣りものを変更。

07時頃である。突然、体調に変化が・・・・・。猛烈に眠いのだ。この数年、体験したことのない睡魔が襲いかかってきた。こうなると、もう釣りどころではない。頭の中は、真っ白で、何も考えられない。

限界ってこういうことなんだぁ~~~~。視界には、海豚が数匹跳ね回る。(これは、本当)トビウオも、数メートルのジャンプ。船の周りを旋回するカモメとは、目が合う。

いやぁ~~~~~。眠かったです。

楽しい筈の釣りが、睡眠不足の為に台無し。その内、眠気+船酔い症状まで発症し、最悪なコンディションへ突入。吐きはしませんでしたが、こんな辛い思いをする為に、来たんじゃないのに。。。。。。



でも、40匹ほど、アジとイサキを釣りましたので、取り敢えず、目的の一つは達成出来ました。しかぁし、半世紀を過ぎたこの体に、徹夜での船釣りは、無理ですっ。何故、七時頃に、帰宅しなかったのか、それが、悔やまれてなりません。。。。。。。






限界というものを知り得た釣行であったのであ~~~~る。

釣りに行くぞぉ~~~! [釣り]

先週、天候不良で流れた釣行。次回はいつになるかと、内心ヤキモキしていたところ、本日、若い衆より、「今週末って、空いてますかぁ?」の連絡入電。

やったぁ~~~~~~。釣りだ釣りだ釣りだ釣りだ釣りだ釣りだ釣りだ釣りだ釣りだぁ~~~~~~。(嬉)

アジとイサキが爆釣しているらしい。どちらも少し時期が外れているけど、そんなの、関係ねぇ~~~~。


道具一式、手入れもしたし、長靴も新調したし、準備万端だぜぇ~~~~。


思い切り釣って、思い切り捌いてやるぜ。包丁もギンギンに砥ぎ上げてあるし、このところのストレスを発散させてやるぅ~~~~~~~。


天気は大丈夫なんだろうか???

台風襲来 [釣り]

今週の土曜日は、予てより船釣りに出掛ける予定でしたが、台風21号のお蔭でキャンセルとなってしまいました。残念。

釣りものは、アジでしたが、イサキ、サバも混じるという情報をすご~~~~~~く楽しみにしていたのですが、流れてしまいました。

本当に、ついていない。(泣)

折角、長靴も新調し、道具も手入れしていたのですが・・・・・・・。

まあ、仕方ありません。。。。。。。。はぁ~~~~~~~。


それにしても、中国関連の現地情報が継続して入電していますが、北京の日本料理屋などは、売上7割減のところもあるそうです。日本企業の関連する飲食、小売業などは、3~4割売り上げダウンは当たり前になってきているようです。原因は、国営企業や官庁に於ける、日本企業でお金を使用した領収書に対する精算を行わないという、通達がどこもかしこも出ているというのが原因だそうです。

北京と言えば、一般人を探そうとしても、労働者くらいしかいない都市ですから、領収書を精算しないということになると、誰も日系企業の外食、小売りでは金を落とさなくなるのでしょう。現地で、投資したり、開業したりしている日系企業は、かなりダメージが大きいようです。

其れにも増して、大変なのは、現地ワーカーの補充が効かなくなっていることらしい。日系企業に勤務=非国民(?)という扱いなのか、肩身が狭いのか、兎に角、少しづつ、退職者が出て、しかも、補充がなかなか集まらないのだそうです。賃金の多寡ではないようです。

恐るべし、中国狂産党。

徹底的に、尖閣諸島を確保しようと、必死なのが、よく解ります。
どうせなら、尖閣の地下に眠っている石油資源の権益目当てですと、ハッキリ言えばいいのに。(笑)

日本企業がもたらす利益よりも、目先の石油資源の方が、大切だと考えている輩が沢山いるのでしょうね。10月末時点でも、現状が回復することなければ、年内、決着が付くまで、この状況は続く事でしょう。

台風だと、2~3日我慢すれば、釣りに行けるのですが、どうも、日中関係は、台風並みの速さで解決することは有り得ないようです。中国国内も、凶産党誘導の対日政策に掛かり切りになっていると、不動産バブルだの、腐敗だの、問題山積の筈なんですがねぇ。

どうせなら、日中で睨めっこしている間に、バブル弾けてくれれば、少しは大人しくなるのでしょうけど・・・。





小人である私は、日中関係よりも、今週末の釣りの方が大切だったのにぃ~~~~~~。(泣)




イサキ釣り [釣り]

土曜日は、久し振りに釣りに行ってきました。
外房エリアで、イサキが釣れていると云うので、金曜日の呑みをキャンセルし、深夜13:50に出発。海ホタルを経由すると、釣り宿まで、1時間と10分。出船までには二時間もあり、やること無いので、車中で仮眠。

五時過ぎに無事出船。
生憎の曇空でしたが、うねりも少なく、海面は穏やか。予想以上に暖かで、Tシャツ&フリース&雨具で十分。(寒過ぎるのは辛いものです)

ポイントまで20分程度しか掛からず、直ぐに釣り開始。水深(タナ)も12~25mと浅場で、釣り易い。コマセは、オキアミで、餌はイカ短冊、針は三本針というシンプルな仕掛け。

ガンガ釣れました!25cm~30cm程度のそこそこ型の良いイサキばかりが、1~2枚/回で上がってきます。途中、食いが悪くなる時間帯もありましたが、外道も少なく、イサキ爆釣。16リットルのクーラーボックスが、2時間程度で満杯。(40匹以上??)

40cm級を釣り上げたくて、頑張りましたが、大物は釣れませんでした。外道は、大振りのカワハギが2枚のみで、あとは全部イサキ&イサキ。。。。。

反省点としては、クーラーボックスが小さ過ぎかな(笑)

帰宅後、休む間もなく、鱗取り、鰓と腹出しして、刺身用に三枚下しして、美味しく頂きました。勿論、出刃庖丁と刺身包丁を駆使して、スパスパと処理。切れる包丁は気持ちが良いです!

メニューは、以下の通り。
1.刺身
2.ナメロウ
3.煮付け
4.塩焼き
5.バターソテー(案外美味かった!)

久し振りに、気分転換が出来ました!年内に、もう一度、次回はアジ釣りにでも。

LTアジ [釣り]

5月30日(日)に、木更津沖のLTアジ釣りに行ってきました。
本音は、日曜日は休息日としたいところでしたが、同行者のスケジュールの関係で、止む無く日曜日になってしまいました。(釣り宿情報で、前日土曜日に爆釣=100匹以上というデータを見てしまったので)
船上での場所取りの為、出船の3時間前(早朝4時)に船宿に到着したのですが、我々の前に既に場所取りの為に到着していた方がおりました。どんだけ早くから来てるのか??

天気も曇り時々小雨でしたから、客も少なく6~7人しかいません。出船時間定刻の7時に桟橋を離れ、木更津沖まで約40分で到着。爆釣とはいかないまでも、午後2時半頃までポツリポツリと釣れ続け、約30匹程度が釣れました。(本音は、50匹以上を目標でしたが、なかなか釣れるものではありません。)

午前中は、それでも頑張って竿を手持ちして、僅かなアタリも見逃すまいと、頑張ってみたものの、日頃の運動不足が祟り、午後からは、置き竿にして、竿先が撓るのに合わせて釣り続けてみました。
魚が泳いでいるタナが合っていれば、手持ちで辛い思いをする必要もなく、3~7分おきにアタリが来ます。
問題は、バラシ(針から魚が外れること)でした。折角、針にかかっても、引き上げる前に、魚が外れてしまうケースが続出し、10回以上は逃げられてしまいました。くっそぉ~~~~。(悔)

それでも、27cm程度のそこそこの大きさのアジも釣れたので、オカズには困りませんでした。
一度でいいですから、クーラーに満杯になるくらい釣ってみたいものです。(憧)

帰宅後に、魚を処理するのが面倒なので、釣れない時間にエラと内臓を除去し、サバ折りして、冷水に放り込み、鮮度を維持しておき、帰宅後、すぐさま三枚に下し、道具を片付けて完了。出刃包丁も切れ味抜群なので、結構短時間で処理出来ました。

脂ののりも良く、刺身、なめろう、フライで美味しい味を堪能出来ました!


ライトアジ [釣り]

土曜日に、久し振りにアジ釣りに出掛けた。息子も一緒。
目標、25匹づつと勢い込んで臨んだが、結果は二人で小型アジ18匹+イシモチ1匹という釣果で、ちょっとブルー。大潮で流れが速いのと、満員の客同士の仕掛けが絡みあって、ロスが大きいのが敗因か??

左隣が息子で、右隣がどうもあまりやる気のない二人組だったので、仕掛けの3本針を1本針に細工し、地味に釣り上げた。竿頭は、21匹だったので、全体的にもあまり釣れなかった様子である。

前回、ボウズだったエリアでは、爆釣してた様子で、60匹程度は釣れたようである。エリアによってこうも釣果が違ってくると、腕前ではなく、活性の高いエリアで竿を出したか否かに掛かってくるようである。

晴天に恵まれはしたが、海上はとても寒く、体感温度12~13℃程度。持参した合羽が役に立った。しかし、今年の天候はどう考えても異常としか思えない。どうなることやら・・・・・・。


初メバル釣り [釣り]

少し前の釣りの話。
帰省して、息子と二人で大風の中、岸壁に釣りに行ったのですが、天気は晴天でしたが、何故か大風。あまりの風の強さに、竿を出して直ぐにもあきらめムード。

イソメの天秤仕掛けを投げて、置き竿にし、何でもいいからボウズだけは回避したいと、あれこれトライしたのですが、反応な~~~し。

最後の手段で、サビキ&アミコマセで粘っていると、コ、コ、コ、コッツとアタリが・・・・。
結構良い引きだったので、上げてみると、メバルでした。良く見ると水面下に、群れがいます。
集中的にコマセを投入しつつ、サビキを棚に合わせて粘ってみると、三匹釣れました。

その他は、10cm前後のサバがぞろぞろ釣れたのですが、オカズになりそうなのはメバル三匹のみ。。。。
息子は、カサゴを釣ろうとテトラの隙間に挑戦してましたが、かわいそうにボウズ。

大物釣りしてみたいです。。。。。

ボウズ [釣り]

昨日は、千葉の金谷に大アジ釣りに行きました。最高気温16度と予報にあったので、少しだけ薄着の用意で出発。海上は酷く寒く、とても4月下旬とは思えぬ気候でした。

しかも、坊主。ボウズ。ぼ~~~~ず。狙いの大アジは船中で一匹上がったのみ。全くアジのあたりがありません。私はホウボウとカサゴ2匹でタイムアップ。アジ釣りでアジが釣れなかったことは、過去経験ありません。
船宿から下船時に鯵の干物を残念賞で頂戴しましたが、酷く傷付いた感がありました。

一匹でも釣れていれば納得したのですが、外道しか釣れないとは・・・・。下手過ぎです。
帰宅後、家族からはやや失笑気味の中、道具の塩出しと外道を下ごしらえして仮眠。

夕食時、カサゴを味噌汁で味わいつつ、大アジの刺身が食べたかったなぁ~~~と呟きつつ、リベンジを誓った次第です。はい。



20100421_127.JPG


20100421_44.JPG


イサキ釣り [釣り]

土曜日は、館山にイサキ釣りに行ってきました。
朝二時半に出発し、館山(千倉)到着が、四時半頃。流石に眠いのと、先週の疲労によりイマイチすっきりとしませんでしたが、頑張って出船。

漁港から、走って二十分程度のところが、すぐポイントでした。流石に、外房の波はうねりが大きく、嫌~な周期の波に揺られる中での釣りでしたが、イサキ釣り初心者の私でも、20匹近くが簡単に釣れる程、魚影が濃く、五時半出船~納竿十一時までぼちぼちと釣れました。

馴染みのお客さんと思われるおじ様方は、五十匹以上釣ってましたから、凄いものです。
今回、クーラーボックス(16ℓ)を新調(これまでは、クーラーなし、スチロール箱か、連れのクーラーに入れてもらってました。)して行ったので、せめて半分程度は釣れればと淡い期待を抱いていたのですが、大きなものは25cm程度、小さいものは20cm程度だったので、半分程度は埋まりました。

帰宅後、切れぬ包丁で、内臓除去、鱗取り、エラ取りまでして、冷蔵保管で日曜日に食べることしました。
船上で、〆てあるので鮮度は抜群ですが、スズキ科の魚なので、少し馴染ませてから食すことに。

外道で、30cm近くのウマズラカワハギとグレを一枚づつ持ちかえってきたのですが、カワハギは、肝醤油で薄造りにして食べてみると、半端じゃない美味で吃驚。可食部分は少ないのですが、身の美味さと新鮮な肝(酒で少し臭みを除去)の濃厚さが何とも言えません。

イサキは、
1.刺身
2.塩焼き
3.煮付け
4.なめろう
5.焼いてから、土鍋で炊き込みご飯

梅雨の頃が旬と言われてますけど、この時期は子をもつ手前なので身に脂がのり、とても美味な状態なのだそうです。

いやぁ~~~~、美味かったなあ~~~~~。釣りアジを超える美味さを堪能しました。

日曜日は、切れない包丁の砥ぎで、悪戦苦闘。ステンレスの包丁を買ってしまったばかりに、荒砥ぎ、中砥ぎ、仕上げと約二時間程度も砥ぎに熱中。ステンレスの出刃包丁は、砥ぐのが大変なので、鉄製が正解です。
刃物の砥ぎ作業は、無心になれるので、決して嫌いな訳ではありませんが、ステンレスは失敗だったなぁ~。


午後は、最後の桜の花見で近所を散歩しまして、E3で890枚近くをダラダラと撮ったのですが、桜の花を撮るのは難しいもので、アップに耐えうるものは・・・・。あまり撮れませんでした。(苦笑)


ライトアジ [釣り]

今年度、一回目のアジ釣り。(3月6日雨天決行)
今回は、川崎から出て、40分ほど走った辺りでのライトアジ&午前のみ。
桟橋を離れる前から小雨が降り、気温もぐっと下がって、海面は靄が掛かり、うねり無し、風なし、雨という天候でしたが、仕掛けを下せば、面白い程に釣れ、アジ(20~25cm)に混じってイシモチ(20~30cm)、カサゴも釣れ、申し分ない釣果。

息子も30cm近いイシモチを釣り上げ、満面の笑み。(寒いし、雨も降る中、よく頑張りました。)
結構腕のいい船頭さんなのでしょう、少し群れが遠のくと、小まめに場所を変えてくれるので、棚取りが難しいのですが、ほぼ時間一杯、魚が釣れました。

陸に上がり、家の近所で、体を温めようと、ラーメンをすすり、帰宅。
風邪をひかぬよう、風呂につかってから、アジは全て三枚に下ろして、なめろう&刺身&フライ用凍結、イシモチは塩焼き、カサゴは腹出しして素揚げにしました。

夕飯は、土鍋で白米を炊き、なめろうと刺身、塩焼きとカサゴの唐揚げで満喫しました!
本当に美味かったです。

息子は、大物を釣り上げた様を、興奮気味に報告。釣りって面白い上に、食べても楽しめるので、飽きません。

次回は、五目釣りに挑戦しようかと思いますが、深場となると、リールを巻くのが辛くなり、腰と背筋が痛くなりそうです。(電動リールってのもあるのですが、結構高いので躊躇してます。)

私の場合、そこそこ数は釣れるのですが、何故か、大物は釣れません。でかい魚釣ってみたいものです。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。